お知らせ

ヤフー株式会社

Yahoo!地図アプリ、エリアや施設の混雑度を表示する「混雑レーダー」の提供を開始

~ 混雑状況を地図上の“ヒートマップ”と全国約3万施設の“混雑指数”で表示
混雑度チェックをお出かけ前の新習慣に! ~

http://promo.map.yahoo.co.jp/map/ 

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が提供する「Yahoo!地図」アプリは本日、アプリ上でエリアや施設周辺の混雑度を確認できる機能「混雑レーダー」の提供を開始しました。

「Yahoo!検索」の検索データを分析すると、テーマパークや遊園地、大型商業施設名の第2検索ワードとして“混雑”が多くの施設で上位にランクインしており、お出かけ先の混雑状況に対する関心の高さがうかがえます。

 

「Yahoo!地図」ではこれまでにも、単純な移動のナビゲーションだけでなく、お出かけに関連する幅広い課題を解決するため、地図上で雨雲の動きが確認できる「雨雲ズームレーダー」や、桜の開花・熱中症危険度・紅葉の見ごろ・スキー場のコンディションなど季節にあった情報を提供してきました。「混雑レーダー」は、お出かけに関わる大きな関心事の1つである“混雑”という課題を解決する第一歩として、提供を開始しました。(※1)

 「混雑レーダー」は、「Yahoo!防災速報」アプリの位置情報をもとに算出した混雑状況を、「Yahoo!地図」アプリ上で混雑度を色で表現するヒートマップとして確認できるほか、全国約3万施設では5段階の“混雑指数”も確認できます。(※2)

たとえば「Yahoo!地図」アプリで“ショッピングセンター”と検索し、検索結果一覧を開くと、周辺のショッピングセンターとその混雑指数が表示されますので、外出前の参考情報として活用いただけます。

 「Yahoo!地図」では今後も、地図サービスを通じて移動・お出かけに関する幅広い課題解決と付加価値の提供に努めてまいります。

※1:実際の混雑状況とは異なる場合があります。あくまでも目安としてご利用ください。
※2:「混雑レーダー」で利用するデータは個人やその特性等を特定するものではありません。