プレスリリース

ヤフー株式会社

戦争の記憶や記録を2115年へ伝える100年間のプロジェクト「未来に残す、戦争の記憶」を開始

特集ページURL:http://wararchive.yahoo.co.jp/

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、戦争の記録や当時を知る方々の持つ記憶を100年後の世代に伝えるプロジェクト「未来に残す、戦争の記憶~100年後に伝える、あなたの思い~」を開始しました。

 終戦から70年の節目を迎える今年、当時を知る方々の情報(一次情報)が、徐々に風化し消えていこうとしています。
 本プロジェクトでは、そのような現状を踏まえ、新聞社や通信社などの報道機関が所有している戦争当時の記録や、戦争体験者のまだ記録として残っていない生の声、当時を知らない方が戦争体験者から聞いたエピソードなどの記憶をデータとして残していくことで、100年後の未来を生きる人たちに戦争について知るきっかけを提供することを目指しています。

 Yahoo! JAPANでは、これまで「東日本大震災」や「阪神淡路大震災」などの記憶や記録を広く伝え、風化を防止していく企画を実施してきました。
 今回のプロジェクトでは、多くの情報を長期間保存しやすいインターネットの特性を活かし、過去の記憶や記録を100年後の世代までデータとして残すことで、戦争を振り返るきっかけを提供したいと考えています。
 また、本プロジェクトを機に、ユーザーのみなさまが身近な方から戦争についての生の声を聞くことで、世代を超えた“縦のつながり”をつくるきっかけになればと考えています。

本プロジェクトの詳細は、下記のとおりです。

プロジェクト名:「未来に残す、戦争の記憶~100年後に伝える、あなたの思い~」
プロジェクト内容:
◆「100年後の未来へ。みんなで思いを伝えよう」
 当時を知る方々から聞いた戦争の記憶などをユーザーのみなさまに投稿していただく企画です。投稿いただいたデータは100年間保有し、100年後にYahoo! JAPANが運営するサービス上で公開します。

◆「未来への手紙」
 海老名 香葉子さん、北乃 きいさん、髙田 延彦さん、田原 総一朗さんなど約20名(※)の著名人に参加いただき、戦争体験者と戦争当時を知らない方のそれぞれの立場から100年後に伝えていきたいメッセージを掲載します。
※随時、更新を予定しています。

◆報道機関と連携した企画
 新聞社や通信社などの報道機関の協力のもと、各社が実施する戦後70年の特集企画のリンク集を掲載します。また、報道機関が所有している写真や記事などを活かした企画を展開していく予定です。

 そのほか、Yahoo! JAPANの各サービスや他社と連携した企画で、過去の記憶や記録を未来に伝えていく取り組みを実施していきます。

 Yahoo! JAPANでは今後も、ITを使って人々や社会のさまざまな「課題」を解決していく「課題解決エンジン」として、さまざまな取り組みを進めてまいります。