お知らせ

ヤフー株式会社

Yahoo!ヘルスケア「HealthData Lab(ヘルスデータラボ)」、国内最大規模となる『日本人1万人の遺伝子データ』反映を開始

~ 病気発症リスクや体質がわかる約290項目の分析結果の精度が向上~

http://medical.yahoo.co.jp/hdl/gene/

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、病気や薬、健康にかかわる情報を提供する「Yahoo!ヘルスケア」が取り組むプロジェクト「HealthData Lab」(以下、HDL)において、新たにデータの母集団としては国内最大規模となる日本人1万人分の遺伝子情報の反映を開始しました。その一環として、HDLで提供している、病気発症リスクや体質が調べられる一般向けゲノム解析サービスにおいて、本日より分析結果の精度が向上しています。

 HDLは、2014年11月から実施しているゲノム解析サービス提供に先立ち、同年6月より、ゲノム解析サービスを体験し研究活用への協力も行う無料モニターを募集しました。
 応募者の中から、日本国内の人口分布に比例した地域に偏りがない1万人をモニターとして抽出。モニター全員の遺伝子解析を完了したことを受け、ゲノム解析サービスユーザー全員に対して、それら1万人分のデータを反映することでより精度が高くなった最新の遺伝子分析結果を、本日よりユーザー毎のページ上で提供できるようになりました(※)。

 今後もYahoo! JAPANおよびHDLは、自身の唾液を1度検体として送付するだけで、追加検体の送付なしに、最新の研究調査状況を反映した遺伝子分析結果などの情報を、ユーザー自身が閲覧できるサービスを実現していきます。加えて、モニター1万人分のデータを研究開発に役立てることで生み出せる病気予防のエビデンス(根拠)を、ゲノム解析サービス経由でユーザーに還元し、日本の医療費削減に貢献できるよう尽力してまいります。

※HDLは無料モニターを含むユーザーの遺伝子情報を分析するにあたり、プライバシーに考慮し、個人が特定できない形でデータを暗号化して保存しています。また、ユーザーは自身の遺伝子解析データがHDLの研究に活用されることに予め同意しています。

■HDLの無料モニター1万人分の都道府県分布について
(出典:第29回日本医学会総会(2015年4月)にてYahoo! JAPANが発表した資料より。最新の状態へ更新済)


・統計局が発表している国内47都道府県の人口分布を参考に、地域に偏りのない1万人を抽出しています。
・通常の長期健康調査研究(特定の集団を長期間、経過追跡する研究手法)は地域ごとに調査協力対象者群を形成していますが、HDLは全都道府県を網羅していることに特長があります。
・通常の遺伝子検査で頻度(遺伝子型データ数)情報に採用されている日本人集団は、既存の研究で公開済みのデータベースによる約1,000人のサンプルであることが多く、HDLはその10倍の規模で標準的日本人集団の頻度を算出できるようになります。

・無料モニター(現在は募集を終了)の応募概要、注意事項などは下記をご参照ください。
http://medical.yahoo.co.jp/hdl/gene/monitor/
(無料モニターには120項目の解析を行いました。)

■本日より提供する分析結果について
(潰瘍性大腸炎を例に、頻度の変更点(精度が向上した部分)を赤背景で示しています。)


・従来よりHDLでは4ケタ規模の母数をもとに、品質の高い内容を提供していましたが、今回のアップデートにより、1万人の遺伝頻度で正確性の高いサービスをご覧いただけるようになりました。なお、項目により数値に差が生じない場合もございます。
(分析結果の画面はイメージです。実際に提供するものと内容が異なる場合があります。)

■ゲノム解析(遺伝子検査)キットについて
・名称:ゲノム解析キットHealthData Lab
・価格(税込):29,800円(※)
※2015年5月末日までの期間限定で、上記特別価格で提供中。通常価格は49,800円。
・解析内容:約290項目
 ・肺がん・大腸がん・前立腺がんなどの22種のがんの病気発症リスク
 ・2型糖尿病・心筋梗塞・肥満・片頭痛などの病気発症リスク
 ・尿酸値・飲酒量・筋力・血圧  などの体質
・解析方法:唾液採取(専用のキットを使用)
・解析キット:Yahoo!ショッピング内「Yahoo!ヘルスケア HealthData Lab」ストアにて販売
 http://store.shopping.yahoo.co.jp/hdlab

■ご参考:「HealthData Lab」(以下、HDL)を提供する目的について
 Yahoo! JAPANでは少子高齢化などを背景に膨張していく医療費や、国民の健康維持を日本社会の大きな課題であると考えています。ITを活用して人や社会のさまざまな課題を解決していく「課題解決エンジン」を企業理念とするYahoo! JAPANでは、HDLを通して、サービスをご利用いただくユーザーの同意と協力のもと、医療費高騰や国民の健康維持という課題の解決に取り組んでいくことを目指しています。
 今後、産官学の専門家と連携し、HDLが提供するサービスで得られた多くのデータを研究に活用していくことで、さらに精度の高い予防法や治療法のエビデンス(根拠)を見つけたり、体質に合った医薬品の開発へ応用していくことを考えています。