お知らせ

ヤフー株式会社

第47回 衆議院議員選挙に関するYahoo! JAPANの取り組み

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、インターネットを利用した選挙運動の解禁後、初の衆議院議員選挙となる第47回衆議院議員通常選挙(以下、衆院選)において、有権者へ有益で幅広い情報を届け、投票率の向上に貢献するため、Yahoo! JAPANが提供するサービスの強みやYahoo! JAPANのプラットフォームを活かした下記の取り組みを実施いたします。

1. 特集ページ「衆議院選挙2014」
掲載期間:2014年12月2日~2015年1月14日
■ページURL:http://senkyo.yahoo.co.jp/
■概要:
・候補者情報や衆院選に関するニュースなどの掲載
顔写真やプロフィールなどの候補者の情報や、衆院選に関連するニュースなどの情報をまとめて掲載します。また、開票直前には「獲得議席予想」、開票中には「開票速報」などの、タイムリーな情報を有権者に届けていきます。

・相性診断ができるコンテンツ「安倍政権の実績評」「マニフェストマッチ」(開始日:2014年12月5日~)
設問に解答することで、「阿部政権の実績評価」では安倍政権についてのユーザー自身の評価を数値で見ることができ、「マニフェストマッチ」では自分と考えの近い政党について知ることができます。

・各サービスからの誘導
選挙期間中(2014年12月2日~12月14日)は、下記のサービスおよび、アプリより特集ページへの誘導を行います。
・Yahoo! JAPANトップページ(PC/スマートフォンブラウザ/アプリ)
・「Yahoo!ニュース」(PC/スマートフォンブラウザ/アプリ)

2.「Yahoo!検索」を利用した情報掲載
■掲載期間:2014年12月2日~12月14日
■概要:
選挙に関連するワードを検索した際、検索結果画面に「衆議院選挙2014」に掲載されている情報をまとめたモジュールを掲載します。

3.「ASK NIPPON 2014」キャンペーン
■実施期間:2014年12月8日~12月14日
■概要:
「ASK NIPPON 2014」は、Yahoo! JAPANとNPO法人 YouthCreateが主催する、ネットを利用した双方向コミュニケーションにより、有権者の政治参加を促進するための取り組みです。Twitterのハッシュタグ機能を利用し有権者から質問を集め、「衆議院選挙2014」内の特設ページにて本取組みに参加する政党の代表者より回答します。

4.「Yahoo! JAPANビックデータレポート」衆議院選挙議席予測
■掲載期間:近日公開予定
■概要:
「Yahoo! JAPANビッグデータレポート」では、Yahoo! JAPANが保有するビッグデータを用いてさまざまな分析レポートを発表しています。2013年7月に行った参議院選挙に引き続き、今回の衆議院選挙においても、ビッグデータを活用した議席予測を行う予定です。

過去の実施事例:
2013年7月
「Yahoo! JAPANビッグデータレポート-ビッグデータが導き出した参議院選挙の議席予測-」
第一弾:http://event.yahoo.co.jp/bigdata/senkyo201307/
第二弾(同一ページ内中部):http://event.yahoo.co.jp/bigdata/senkyo201307/#report2
第三弾(同一ページ内下部):http://event.yahoo.co.jp/bigdata/senkyo201307/#report3
振り返り:http://event.yahoo.co.jp/bigdata/senkyokekka201307/

5.ネット事業社7社による「わっしょい!ネット選挙」
「わっしょい!ネット選挙」は、株式会社サイバーエージェント、スマートニュース株式会社、Twitter Japan株式会社、株式会社ドワンゴ、ヤフー株式会社、Ustream Asia株式会社、LINE株式会社のネット事業者7社(50音順)が、インターネットを利用し、選挙候補者を盛り上げるため協力しさまざまな企画を行っています。

<「わっしょい!ネット選挙」衆院選に関する取り組み>
2014年11月26日 「わっしょい!ネット選挙」ネット党首討論会開催
http://pr.yahoo.co.jp/release/2014/11/26a/
11月29日(土)に開催した「ネット党首討論」では、生放送配信の総視聴者数はのべ22万人となりました(各サイトでの視聴者数合計、放送終了後のアーカイブ視聴含む)。

今後も、下記の取り組みを実施していく予定です。
■12月5日(金) ネット演説(場所:六本木・ニコファーレ)
街頭で行われる応援演説のネット版。候補者と応援者が一組となり、ニコファーレのLEDに映し出された聴衆(ユーザーアバター)に対して演説します。

■12月10日(水) わっしょい!×毎日新聞 データで読み解く衆院選2014(仮)(場所:未定)
「わっしょい!ネット選挙」賛同企業が共同アンケートを実施し、その結果について、毎日新聞がビッグデータ分析をします。

■12月11日(木) 選挙公約・マニフェスト発表(場所:半蔵門スタジオ)
各党代表が、選挙公約・マニフェストを順に発表します。

■12月13日(土) ネット最後の訴え(場所:各所)
選挙戦最終日、街頭で最後の訴えを終えた後、23時59分まで各党がネットで最後の訴えを生放送します。

Yahoo! JAPANでは今後も、ITを使って人や社会のさまざまな「課題」を解決していく「課題解決エンジン」として、さまざまな取り組みを進めてまいります。