プレスリリース

ヤフー株式会社
YJ America,Inc

米国に保有するデータセンターについて

~ サーバーの国外分散により、BCP強化と運用費削減を実現 ~

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)の米国現地法人「YJ America, Inc」(以下、YJ America)は、米国ワシントン州において保有するデータセンターについて、来春(2015年4月予定)の正式稼働に向け、本年12月よりテスト稼動を開始することになりましたのでお知らせします。
 Yahoo! JAPANでは、これまでに自社サービスの開発やコンテンツ格納において、連結子会社である株式会社IDCフロンティアが運営するデータセンターや自社で保有するサーバーなど、国内に設置している基盤を利用していました。来春からは従来の環境に加え、この米国データセンターの利用も開始する予定です。
 なお、本データセンターの利用により、Yahoo! JAPANグループで保有するデータセンターは国内での分散(東日本エリアと西日本エリア)のみならず国外への分散となるため、BCP(自然災害や大規模停電などに対応した事業継続計画)のさらなる強化が実現する見込みです。また、米国データセンターが設置されている地域の電気料金が非常に廉価であることから、Yahoo! JAPANグループ全体のサーバー運用費の削減もはかれる見通しです。

1 事業開始予定日:2015年4月(※2014年12月よりテスト稼働を開始)
2 事業内容:データセンター事業
3 所在地:米国ワシントン州
4 運営会社:YJ America
5 ご参考:
本件に関しYahoo! JAPANから3名がYJ Americaに出向し、現地に常駐の上、当該データセンターのネットワーク構築および保守運用にあたります。