お知らせ

ヤフー株式会社

「Yahoo!検索」、手軽にソーシャルメディアの投稿を閲覧できる新機能「なう検索」を公開

~ 「Yahoo!検索」で「○○ なう」と検索するだけで、ソーシャルメディアの投稿を簡単検索 ~

ヤフー株式会社(東京都港区、代表取締役社長:宮坂学、以下、Yahoo! JAPAN)は本日、「Yahoo!検索」の新機能「なう検索」を公開しました。

「なう検索」は、「Yahoo!検索」で検索したいキーワードの後ろに「なう」をつけて検索すると(※1)、「リアルタイム検索」の検索結果が表示される新機能です。今までは、リアルタイム検索タブをクリックしてから検索をする必要がありましたが、「なう検索」の機能を使うことで、Yahoo! JAPANトップページやブラウザの検索窓(※2)から手軽にTwitterやFacebookの投稿が検索でき、話題の最新情報やスポーツの速報情報、天気や交通などの現地情報など様々な情報を簡単に入手することができます。

「リアルタイム検索」は、検索サービスとしてはYahoo! JAPANだけが提供するTwitterとFacebookの両方の投稿を閲覧できるサービスです。スマートフォンの普及やソーシャルメディアの浸透を背景にさまざまな機能の追加や改善を加え、また、アプリ版の公開などのさまざまな施策を行いながら、ユーザー数を増やし続けています。今回、「リアルタイム検索」のユーザ数が顕著な伸びを見せていることから「リアルタイム検索」による最新情報の収集のニーズが高いと判断し、「なう検索」の機能提供に至りました。

■リアルタイム検索 月間ユーザー数推移


Yahoo! JAPANは、「なう検索」を公開することで、「Yahoo!検索」と「リアルタイム検索」の利便性を高め、さらなる利用者の拡大を目指していきます。

■「なう検索」のイメージ図
<PC版>


 <スマートフォン版>

 

※1 「なう検索」をしていただく際は、検索したいキーワードと「なう」の間にスペースが必要となります。
※2 ブラウザの検索エンジンを「Yahoo!検索」に設定されている場合に限ります。