お知らせ

ヤフー株式会社

Yahoo!ウォレット FastPay、定期的な課金を設定できる 継続課金機能を提供

~ 簡易な機能実装を実現し、柔軟なカスタマイズに対応。ほかにも「アカウント決済」など利便性の高い機能を追加 ~

「Yahoo!ウォレット FastPay」
URL https://fastpay.yahoo.co.jp/

 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、オンライン決済サービス「Yahoo!ウォレット FastPay」にて、新たに「継続課金」機能の提供を開始しました。

 「Yahoo!ウォレット FastPay」は、事業者が運営する自社サイトに、数行のコードを貼り付けるだけでかんたんにオンラインクレジットカード決済システムが導入できる決済サービスです。今回提供する「継続課金」とは、事業者が商品の支払いに対して定期的な課金を設定できるもので、「Yahoo!ウォレット FastPay」のユーザーからの要望が高かった機能となります。定期購入サービスや会員費徴収などでの活用を想定しており、利用客にとっては払い忘れの防止に、一方事業者にとっては代金未回収の削減などのメリットがあります。

 また、通常「継続課金」の導入には複雑な開発を要しますが、「Yahoo!ウォレット FastPay」では、サービス内のマニュアル通りに操作することで簡易な機能実装を実現しました。さらに、課金サイクルを「毎月」から「6ヵ月ごと」まで一月ごとに設定できるだけでなく、課金のタイミングは「利用客が買い物をした日」と「月初」の選択が可能で、初月を無料とし2ヵ月目から課金を発生させるなど、柔軟なカスタマイズにも対応しています。

 なお「Yahoo!ウォレット FastPay」では、今回の継続課金機能の提供に先立ち、6月25日より「アカウント決済」機能の提供を開始しています。「アカウント決済」とは、Yahoo! JAPAN IDを取得し、かつ「Yahoo!ウォレット」(※)にクレジットカードを登録している利用客が買い物をする際に、カード番号やカードの有効期限、セキュリティコードを新規で入力しなくても決済に進める機能です。現在「Yahoo!ウォレット FastPay」で利用できるカードブランドは、「VISA」、「MasterCard」の2種類となりますが、9月より「JCB」、「Diners」、「American Express」の取り扱いを予定しています。決済手数料は、「VISA」、「MasterCard」と同様、3.25%(業界最低水準。Yahoo! JAPAN調べ)での提供となります。

 これらの施策により、利用客、事業者双方の利便性の向上を図るとともに、「Yahoo!ウォレットFastPay」のシステムを導入する企業の増加につながることを期待しています。

※「Yahoo!ウォレット」会員数は約2700万人(2014年7月現在)

 Yahoo! JAPANでは今後も、決済・EC業界における課題を解決すべく、既存サービスの改善、機能追加および、新しいチャレンジにも積極的に取り組んでまいります。