プレスリリース

ヤフー株式会社

子どもたちとコミュニティの場を支援する共同プロジェクト 『みんなの遊び場プロジェクト』新たにスタート

~福島県南相馬市にポケモンと遊べるインドアパークをつくります~

株式会社Tポイント・ジャパン(以下「Tポイント・ジャパン」)、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社TSUTAYAカンパニー(以下「TSUTAYA」)、ヤフー株式会社(以下「Yahoo! JAPAN」)、建築家の伊東豊雄、柳澤潤および福島県南相馬市は、ポケモンの被災地支援活動“POKEMON with YOU”と共同で、2014年7月18日より、福島県南相馬市にポケモンと遊べるインドアパークをつくる『みんなの遊び場プロジェクト』をスタートいたします。

本プロジェクトは、Tポイント・ジャパンが2011年より行っている東日本大震災復興支援プロジェクトの一環として取り組み、震災から3年以上が経過した現在も、支援を必要としている東北を応援するため、プロジェクトメンバーそれぞれの力を結集しながら更に大きな支援の輪として広げ、共に推進していくことを目的としています。

今回、福島県南相馬市に建設するインドアパークは、子どもたちだけでなく、大人たちも一緒に遊べることを支援コンセプトに、砂の持つ素晴らしさを素手や素足で体感できる「砂遊び」をテーマにした“砂場”を取りいれる予定です。「砂遊び」は、一粒一粒の砂を手やおもちゃなどを使って集めて造形することで、遊び手の創造性に富んだ多様な物を作ることができる、年齢を超えた多くの方々が楽しめる遊びです。プロジェクトメンバーは、このインドアパークが、福島県南相馬市の未来を担う子どもたちと、コミュニティの場の支援となることを期待します。

本プロジェクトのスタートにあたって、全国のTSUTAYA店舗では、7月18日より、Tポイントとして初の社会貢献型Tカードとなる「ポケモンデザインのTカード」を発行します。この Tカードは、ポケモンが取り組む被災地支援活動"POKEMON with YOU"と、Tポイント・ジャパンの復興支援に対する想いが合致したことで実施する新たな取り組みとなります。Tカードをお持ちいただくと、カード発行手数料の一部とカードのご利用で貯まるTポイントの半分が、インドアパークの建築費用へ役立てられます。Yahoo! JAPANは、7月18日に、「Yahoo!ネット募金」上に「みんなの遊び場プロジェクト」の特別な募金窓口のページを公開し、インドアパークの建設費用の支援を受け付けます。また、伊東豊雄と柳澤潤は、子どもたちが思いっきり楽しく遊ぶことができ、笑い声に満ちたインドアパークの設計・建築を手がけます。

【「みんなの遊び場プロジェクト」概要】
■プロジェクト名:みんなの遊び場プロジェクト
■プロジェクトメンバー(50音順):伊東豊雄、株式会社Tポイント・ジャパン、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社TSUTAYAカンパニー、福島県南相馬市、POKEMON with YOU、柳澤潤、ヤフー株式会社
■発足日:2014年7月18日
■趣旨:プロジェクトメンバーが有するさまざまなプラットフォームや知見、技術力などを最大限に活用し、子どもたちが安心して遊ぶことができ、また子どもたちを連れてくるご家族同士がコミュニティの場として継続的に利用できるインドアパークを福島県南相馬市に建設するための支援を行います。

【福島県南相馬市にインドアパークを建設する取り組みの概要】 
■実施期間:2014年7月18日(金)~2015年 年内
■建設費用:3,700万円想定
※資材メーカーからのご提供、ボランティアスタッフによる建築作業等も予定
■建設費用の拠出:
(1)「ポケモンデザインのTカード」利用 by Tポイント・ジャパン&TSUTAYA&POKEMON with YOU
カード発行手数料の一部とカードのご利用で貯まるTポイントの半分が寄付にあてられます。
(2)Yahoo!ネット募金 by Yahoo! JAPAN
お持ちのTポイントを1ポイントから、もしくはクレジットカード(Yahoo!ウォレット)から募金ができます。
http://docs.donation.yahoo.co.jp/report/asobiba.html (PC・SP)
※募金の受付は2014年7月18日(金)11時からです。
(3)Tポイント募金 by Tポイント・ジャパン
お持ちのTポイントを1ポイントから募金ができます。
http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=267 (PC・SP)
http://tsite.jp/mb/donation/index.pl?xpg=MBTC0203&bokin_id=267&tcm_l=&tcm_a= (MB)
※募金の受付は2014年7月18日(金)10時からです。
■建設件数:1軒
■設計:伊東豊雄+柳澤潤
■完成予定時期:2015年 年内
■プロジェクト特設ページ:http://tsite.jp/mpja
■寄付の流れ:『みんなの遊び場プロジェクト』が寄付金全額を建設に関する費用にあて、建設した施設を南相馬市に寄贈いたします。

【プロジェクトメンバー】 ※50音順
■伊東豊雄
東日本大震災後、復興活動に精力的に取り組んでおり、仮設住宅における住民の憩いの場として提案した「みんなの家」は、被災各地にこれまでに10軒が完成し、現在も数件の計画が進行中。その役割も、コミュニティの回復、子供達の遊び場、農業や漁業の再興を目指す人々の拠点などに発展しています。釜石市の復興ディレクターも務めており、より魅力ある復興とまちづくりに取り組んでいます。

■Tポイント・ジャパン
Tポイントは、子どもたちの笑顔のため、東日本大震災直後より活動を続けてきました。これまで宮城県や岩手県につくってきた3館の児童館や遊び場は、子どもたちが元気にのびのびと遊び、地域の方々のコミュニティの場として利用されています。私たちはこれからも、皆さまとともに活動を続けてまいります。

■TSUTAYA
TSUTAYAは東日本大震災の際、避難所での生活を余儀なくされている被災者の皆さまへ文化的支援として“こころ+プロジェクト”を実施し、DVDや書籍などをお届けいたしました。TSUTAYAはこれからも、本や映画や音楽を通じた、人と文化の交流の機会を支援し続けます。

■福島県南相馬市
南相馬市は、東日本大震災と原子力発電所の事故により、子どもたちを含む多くの市民がいまだに避難を余儀なくされています。市では、今回ご支援いただく子どもの遊び場を有効に活用しながら、次代を担う子どもたちが、生き生きとした表情で安心して暮らせる環境づくりに全力で取り組んでまいります。

■POKEMON with YOU
ポケモンは、東日本大震災で被災した地域の子どもたちに向けた支援活動「POKÉMON with YOU」を行っています。仮設住宅へのピカチュウの訪問活動や、風化防止を目的としたチャリティ商品の販売など、子どもたちが明日に向かって夢や希望を抱いて過ごせる日が来るまで、長期にわたる支援活動を行ってまいります。

■柳澤潤
東日本大震災以降、横浜から何か自分達で出来ることはないかと被災地に思いを馳せるも何も出来ない自分達にずっと歯がゆい思いをして参りました。今回南相馬市の復興のお手伝いの機会をいただけたことをこの上なく嬉しくかつ責任重大な任務だと思っています。一筆入魂、私たちは建築家としての能力をフルに活用し全身全霊でこのプロジェクトをサポートすることを誓います。

■Yahoo! JAPAN
Yahoo! JAPANでは、東日本大震災発生直後から情報発信や支援活動などさまざまな取り組みを進めてまいりました。「みんなの遊び場プロジェクト」ではプロジェクトの一員として、子供たちが安心して遊べる遊び場を提供していきます。Yahoo! JAPANは今後も、インターネットを活用し継続的な復興支援に取り組んでまいります。