プレスリリース

協立機電工業株式会社
ヤフー株式会社

“赤ちゃんがおなかの中にいたとき”の成長動画や心音をスマートフォンアプリにずっと保存

~ 協立機電工業の産婦人科向けエコー動画配信システム「AngelMemory」と、Yahoo! JAPANの電子母子手帳アプリ「kazoc」が連携 ~

・「kazoc」プロモーションページ 
http://kazoc.yahoo.co.jp/
・「AngelMemory」プロモーションページ 
http://www.kyoritsu-kiden.co.jp/angelmemory/

 産婦人科に特化した院内システム開発を手掛ける協立機電工業株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:蘆田 健司、以下協立機電工業)と、国内最大級のインターネットポータルサイトを運営するヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮坂 学、以下、Yahoo! JAPAN)は、本日、協立機電工業の産婦人科向けエコー動画配信システム「AngelMemory」と、Yahoo! JAPANの電子母子手帳アプリ「kazoc」において連携を開始しましたのでお知らせいたします。

  「AngelMemory」は、妊婦健診時に撮影・保存された胎児のエコー動画や心音などの音声を、PCやスマートフォンなどから再生できるサービス(※1、2)です。「AngelMemory」利用登録開始から18か月の間に、エコー動画が保存されている専用サイトにアクセスし“おなかの中にいる赤ちゃん”の様子をPCやスマートフォンでいつでもどこでも確認できる(※2)のが特長です。
 2012年4月に提供を開始して以来、国内の産婦人科医院や総合病院などで導入が進み、これまでに妊産婦3万人以上に利用されています。

  「kazoc」は、子どもの成長と思い出を家族や親族で共有できる、スマートフォン向けの電子母子手帳アプリです。妊娠中の経過や、出産後の子どもの身長・体重などの成長記録、予防接種の記録など電子母子手帳としての機能に加え、大切な瞬間の写真や日記などを保存できるほか、家族などに限定する招待制のSNSのコミュニケーションアプリとして、安全性にも配慮しています。
 2013年2月にiOS向け、同7月にAndroid向けに提供開始し、11万人以上(※3)に利用されています。

 本連携により、利用者は「AngelMemory」を通じて配信されたエコー動画や音声を、「kazoc」内でも18か月という期限がない形でアプリ内で保存および再生ができるようになります(※4、5)。
 また、「kazoc」で設定している出産予定日をもとに、「AngelMemory」の撮影日データから自動的に妊娠週数を算出して「kazoc」の成長記録ページにエコー動画が追加される設計にするなど、出産後の成長記録だけでなく“おなかの中にいたとき”の成長の様子を、簡単な操作でアプリ内に正確に保存できます。
 さらに、「kazoc」でつながっている家族や親族にもエコー動画の共有ができる(※5)ようになるなど、「AngelMemory」をより一層便利に活用できるようになります。

 協立機電工業とYahoo! JAPANは、今後も本連携の拡充を進めるとともに、これからも妊産婦やその家族の課題を解決するサービスの開発を行ってまいります。

※1 特許第5140205号「エコー動画配信システム」。
※2 通院している産婦人科医院や総合病院を通して利用申し込みをし、専用カードを受け取り利用登録する必要があります。
※3 iOSおよびAndroidの累計ダウンロード件数を利用人数としてカウント。2014年3月末日現在。
※4 スマートフォンに「kazoc」アプリをダウンロードし、「AngelMemory」との連携手続きを行った場合に有効です。
※5 「AngelMemory」単独の利用では、エコー動画へのアクセスは利用登録から18か月間に限定されますが、18か月を過ぎるまでに「kazoc」と連携を行っておくことで、18か月を超過しても動画の再生が可能です。

■本連携の概要(イメージ)

■連携後の「Kazoc」画面(イメージ)