お知らせ

ヤフー株式会社

Yahoo! JAPAN、日本最大級の開発イベント 「Open Hack Day Japan 2」を開催

~ 初の24時間連続開催!楽天、ワコール、東芝など多数の協賛企業による開発支援や賞品も。一般参加者の申し込み受付を1月25日から開始 ~

「Open Hack Day Japan 2」オフィシャルウェブサイトのURL
http://yhacks.jp/ohd2/

 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(東京都港区、代表取締役社長:宮坂学、以下、Yahoo! JAPAN)は、2014年2月15日(土)~16日(日)に社員はもちろん、一般参加者も交えて行う日本最大級の開発イベント「Open Hack Day Japan 2」を実施します。また、一般参加者の申し込み受付を1月25日(土)より開始します。

 Yahoo! JAPANでは、2007年より「Hack Day Japan」(※1)という社内の開発イベントを年2回開催しています。昨年2月には「Open Hack Day Japan」の第一回目を実施し、約300人の方々に参加いただきました。第2回目となる今回は、初の24時間連続開催のため、集中力や気力がさらに試されるイベントになります。

 「Open Hack Day Japan 2」は、全日程(カンファレンスを除く)に参加可能で利用規約に同意していただける18歳以上の方であればどなたでも応募可能なイベントです。これまでのHack Dayと同じく、開発テーマは自由で、2月15日~16日の開発期間内(24時間以内)に、自由な発想で好きな技術を使って開発に取り組んでもらいます。今回も楽天、GREE、MicrosoftなどIT業界からの協賛に加え、エプソン、東芝、ワコールなど多種多様な協賛企業に参画頂き、開催に先立って行われる1月25日(土)の「Open Hack Day Japan 2 Conference」では、協賛企業各社が開発に利用可能なデバイス・データ・API・開発環境などについて説明し、参加者は興味があればそれらを活用して開発を行うことが可能です。

開催概要などの詳細は、以下のとおりです。

【「Open Hack Day Japan 2」について】 http://yhacks.jp/ohd2/
<開催概要>
参加者は、2月15日の12:00~2月16日の12:00までの24時間をかけて開発とプレゼン準備を完成させ、16日に発表します。なお、発表時間は90秒/1チームです。全チームの発表終了後、審査・表彰を行います。

■開催日時:
開発期間:2014年2月15日(土)12:00~2月16日(日)12:00
プレゼン・審査:2014年2月16日(日)13:00~18:00
■場所:Yahoo! JAPAN本社(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー)
■主催:ヤフー株式会社
■協賛:楽天、ワコール、東芝など、30社
■参加方法:1月25日(土)~2月12日(水)まで「Open Hack Day Japan 2」オフィシャルウェブサイト上で参加申込を受付(応募が350人(89チーム)に達した時点で締切り)。
■参加資格:
・2014年2月15日(土)12:00~2月16日(日)12:00の規定時間内で開発し、2月16日(日)の発表会での作品プレゼンを行い、授賞式に参加ができる方
・参加規約に同意いただける18歳以上の方
■参加費:無料
  
【「Open Hack Day Japan 2 Conference」について】 http://yhacks.jp/ohd2/conference
協賛企業によるカンファレンスを開催いたします。各企業が開発に利用可能なデータやAPIなどについて講演を行うもので、こちらは、自由参加です(要事前登録)。
また、カンファレンス全講演終了後の懇親会では、「Open Hack Day Japan 2」の参加に向け、一緒に取り組めるチームメンバーを探している方を対象にしたチームビルディングのためのIdeathon(※2)を実施します。

■開催日時:カンファレンス 2014年1月25日(土) 13:00~17:50
      懇親会 2014年1月25日(土) 18:00~20:30
■開催会場:Yahoo! JAPAN本社(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー)
■登壇企業:楽天、GREE、Microsoftなど、15社

※1 世界のYahoo!で開催されている開発イベント。技術力の向上やコミュニケーションの活性化、新規事業やアイデアの創出の場としての役割を担い、Yahoo!社員のクリエイティブマインドを刺激するイベントです。「Hack Day Japan」では、24時間(12時間×2日)という限られた時間内でアイデアを創造するところから実際の開発、出来上がったプロトタイプの発表までを行っています。

※2 テーマを定めた上でアイデアを出し合い、それをまとめていくハンズオン形式のセミナー

<過去のイベント開催風景>

Yahoo! JAPANでは今後も、ITを使って人や社会のさまざまな「課題」を解決していく「課題解決エンジン」として、さまざまな取り組みを進めてまいります。