Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2010年10月8日

ヤフー株式会社
株式会社IDCフロンティア


Yahoo! JAPAN、福島県白河市に環境対応型の
大規模データセンター建設を決定

~グループのインターネットサービスの戦略的基盤強化へ~



ヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 雅博、以下Yahoo! JAPAN)と、Yahoo! JAPANグループである株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:真藤 豊、以下IDCフロンティア)は、世界トップレベルのエネルギー効率を実現する環境対応型のデータセンター「新白河データセンター(仮称)」を福島県白河市に建設することを決定いたしました。 第一期分の建設規模は1棟(600ラック規模)で、2012年3月末の竣工を目標としています。需要に応じてモジュールを追加し、敷地内に最大6棟の建設を検討しております。

今回の決定により、Yahoo! JAPANグループは、IDCフロンティアとのシナジー効果を最大限に活用して次世代のインターネット事業における戦略的基盤を構築し、インターネット事業およびデータセンター事業の持続的な成長と、IDCフロンティアが提供するパブリック型クラウドサービス「NOAH(ノア)」の本格展開により、競争力の強化を図ってまいります。

新白河データセンター(仮称)完成予想図
新白河データセンター(仮称)完成予想図

「新白河データセンター(仮称)」は、Yahoo! JAPANグループのデータセンター構想の一翼を担うセンターとなります。従来の常識を覆し、最先端の外気空調方式を取り入れた環境対応型のデータセンターで、インターネットのリーディングカンパニーであるYahoo! JAPANおよびグループ各社のサービスを支えるだけでなく、成長著しい分野であるクラウドサービスの提供と、大型のコロケーション需要にも応えます。

本データセンターは、国内で初めて商用データセンターに大規模な外気空調方式を取り入れた「アジアン・フロンティア」(北九州)で得られたノウハウを基に、温度、風速、気圧などのシミュレーションによってさらに進化した外気空調システムを採用。建物形状と空調設備を徹底的に見直し、データセンター内の空気の搬送抵抗の極小化と、空調設備の冷却電力を抑えた設計を実現。これにより、年間を通じて90%以上の外気利用を可能としました。

また、外気空調方式による電力削減と併せ、給電システムもエネルギー効率を追求。国内の高品質で安定した電力供給能力を生かした無停電電源装置(UPS)を採用することにより、エネルギーロスを減らし、空調電力の削減効果と併せて世界トップレベルのPUE※1値1.2以下を実現できる設計としています。

名称 新白河データセンター(仮称)
場所 福島県白河市
竣工予定 2012年3月末
敷地面積 約25,000平方メートル
延床面積 約8,200平方メートル(第1棟および管理棟含)、約36,200平方メートル(第2~6棟)
ラック数 約600ラック
建物構造 鉄骨造
用途 グループ内インターネットサービス、コロケーションサービス

以上

※1 PUE(Power Usage Effectiveness)は、データセンターのエネルギー効率を示す指標のひとつで、空調やIT機器などデータセンター全体の消費電力を、サーバーなどのIT機器の消費電力で割って算出します。
   
【Yahoo! JAPAN】 http://www.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(市場名:東証1部/JASDAQ、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは、1か月あたり約5161万人のユニークカスタマー数※と、1日20億3000万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど多くのサービスを提供しています。

※Nielsen Online「NetView」、2010年8月、家庭もしくは職場からのアクセスによる。

【IDCフロンティア】 http://www.idcf.jp/
株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、設立年月日:2009年2月2日、代表取締役社長:真藤豊)は、データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営を事業内容とし、日本のビジネスシーンの発展と活性化を支える情報技術基盤を提供しています。長年の経験で培った高信頼データセンターを全国9箇所で運用しており、SaaS/PaaS/IaaSに代表される高付加価値サービスの開発と提供に取り組み、ビジネスユーザーのクラウドコンピューティングやオープンプラットフォームの利活用を推進しています。



 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.