Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2009年12月4日

ヤフー株式会社


ヤフー・ジャパンとルイ・ヴィトンが偽造品撲滅対策での協働を合意

インターネット・ポータルサイトを運営しているヤフー株式会社と
ラグジュアリーブランドのルイ・ヴィトン マルティエは
インターネット・オークション上の偽造品流通撲滅対策に関する覚書を締結



ヤフー株式会社(以下、「Yahoo! JAPAN」)と、ルイ・ヴィトン マルティエ (以下、「ルイ・ヴィトン」)の両社は本日、「Yahoo!オークション」における偽造品撲滅対策で協力するためのガイドラインを「覚書(MOU)」において締結しました。これは、Yahoo! JAPANおよびルイ・ヴィトン双方が、インターネットが偽造品販売者にとって取引の場として悪用されているという現状に対して、 偽造品撲滅で大きな前進を図るには、両社が相互協力するべきであるという認識で一致したためです。

今回の覚書は、Yahoo! JAPANがこれまで実施してきた各種対策を改めて明文化したものとなっており、両者は、Yahoo! JAPANが提供する「Yahoo!オークション」が実施する積極的な対策と予防措置および権利者を中心とする通知システムの2つの軸に基づいた具体的対策について合意するものです。合意の目的は、偽造品を永久に市場から追放するための各プロセスにおいて利害関係者間の密接な協力を促進することにあります。具体的には、違反販売業者のトレーサビリティの確実な実施、偽造品の発見と排除のための効率的な自主パトロールの実施、偽造品がこのような対策の網の目を潜ることがないようにするための密接な協力などを含みます。また、インターネット利用者の啓発および日本の警察当局との継続的な協力にも一層努めていきます。

ルイ・ヴィトンは、Yahoo! JAPANが従来実施している対策がとりわけ効果的であり、同社がインターネット・オークションのより安全な環境の構築に大きく貢献していることを評価しています。

Yahoo! JAPANとルイ・ヴィトンは、偽造品撲滅に対するこれらの施策を、インターネット・オークション・サービスを運営する上でのグローバル基準として推進してまいります。

ルイ・ヴィトンについて:
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンはいつも“スタイリッシュな旅の真髄”を示す存在であり続けています。そして1997年アーティスティック・ディレクターにマーク・ジェイコブスが就任以来、その製品分野をレディースおよびメンズのプレタポルテ、シューズ、ウォッチ、ファインジュエリーにまで広げ、あらゆる方面から素晴しいライフスタイルを創造するために、伝統的なクラフツマンシップに直感的なひらめきと革新性を織り込んできました。
1987年以降、ルイ・ヴィトンは世界でもっとも大きなラグジュアリーグループのひとつである、ベルナール・アルノーが率いるLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン傘下の企業として成長を続ける一方で、世界62カ国に442店舗展開しています。

Yahoo! JAPANについて:
Yahoo! JAPANは、1996年のサービス開始以来、ナンバーワン・インターネット・カンパニーとして、さまざまなサービスを提供し続けてきました。検索をはじめ、Yahoo!ニュース、Yahoo!メール、Yahoo!ショッピング、Yahoo!オークションなどの多岐にわたるサービスは100以上となり、豊富なコンテンツ、プラットフォーム、ビジネスツールを、多くのインターネット利用者のみなさまにお使いいただいています。
2009年10月現在、月間ユニークブラウザ数は2億ブラウザ以上、一日あたりの最高PV数は20億PVを超えています。Yahoo! JAPANは、インターネットを通じて人々の生活を豊かに、便利に、価値あるものへと推進する「ライフ・エンジン」として、生活と人生のあらゆるシーンに欠かせないブランドを目指し、持続的な成長を続けています。




 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.