Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2009年9月10日

ヤフー株式会社


新しい「My Yahoo!」の提供を開始

~外部コンテンツもまとめて収集できる“自分ポータル”へ~

新しい「My Yahoo!」のアドレス http://cm.my.yahoo.co.jp/



 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、新しい「My Yahoo!」の正式版の提供を開始しました。

 「My Yahoo!」はYahoo! JAPANのサービスやコンテンツのほか、インターネット上のブログや各種ニュース更新情報などから、好きなものを組み合わせて自分専用のページを利用できるサービスで、1998年より提供しています。今回の大幅なバージョンアップに向けて、2009年3月よりベータ版を先行公開し一部のお客様にご利用いただいていましたが、本日正式公開となりました(*1)。

 新しい「My Yahoo!」の主な特徴は以下の通りです。

●Yahoo! JAPAN 以外のコンテンツも取り込める
 「My Yahoo!」は「Yahoo!ニュース」「Yahoo!オークション」といったYahoo! JAPANのコンテンツをワンクリックで追加して自分専用のページをカスタマイズできますが、新しい「My Yahoo!」では、外部のサービスとの連携も開始しました。第一弾として「価格.com」「美人時計」「時事通信社」と連携し、コンテンツをワンクリックで「My Yahoo!」上に追加できます。今後も外部サービスとの連携を進めていく予定です。

●気になる情報をキーワードで自動収集
 気になる情報を自動的に収集してくれる「キーワードおっかけ機能」を追加しました。キーワードを登録しておけば、インターネット上のコンテンツが自動で収集され、Yahoo! JAPAN IDでログインした際に、登録したキーワードに関するニュースや画像などをまとめてチェックすることができます。

●レイアウトの自由度がアップし設定も簡単に
 コンテンツをドラッグ&ドロップで好きな位置に移動できるなど、従来、設定ページに移動して行っていた背景やレイアウト、コンテンツの表示内容の変更が「My Yahoo!」のトップページ上ですべて行えるようになりました。「背景テーマ」には、お客様が設定した地域の天候や時間にあわせて切り替わるものも用意しています。

「My Yahoo!」は、今後も使い勝手を向上させていくと同時に、外部コンテンツとの連動を進め、インターネット上の必要な情報を1か所に収集する“自分ポータル”としてご利用いただけるよう努めていきます。

(*1)新しい「My Yahoo!」へのバージョンアップは本日より順次進められ、最終的にはすべてのお客様が新しい「My Yahoo!」をご利用いただけるようになります。


【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(市場名:東証1部/JASDAQ、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは、1か月あたり約5154万人のユニークカスタマー数※と、1日20億3000万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど多くのサービスを提供しています。

※Nielsen Online「NetView」、2009年7月、家庭もしくは職場からのアクセスによる。


 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.