Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2009年2月18日

ヤフー株式会社


Yahoo!オークション、「値下げ交渉機能」を追加

~ 「売れないと困る」「予算内で買いたい」などのご要望にお応えして ~

「Yahoo!オークション」のアドレス  http://auctions.yahoo.co.jp/



 ヤフー株式会社が提供するインターネットオークションサービス「Yahoo!オークション」は本日、「値下げ交渉機能」を追加しましたのでお知らせいたします。

 「値下げ交渉機能」とは、開始価格と即決価格が同じ価格に設定された出品物に対し、入札者が購入を希望する金額を提示でき、なおかつ出品者の合意が得られると取引成立となる機能です(※1)。本機能は、「Yahoo!プレミアム会員」「Yahoo! BB会員」「EZweb有料会員」「ソフトバンク携帯をお持ちの方」が利用できます。

 「Yahoo!オークション」では、出品者の設定した即決価格と、落札者が入札したい価格に差があり、売買成立に至らないケースがありました。
 「値下げ交渉機能」は、こうした価格のミスマッチによる売れ残りを改善し、出品者と入札者の双方が納得し、その商品に最適な価格での取引を可能にする機能です。これにより入札者は、簡単に、より求めやすい価格で商品を購入でき、また出品者は最初の設定価格に起因した売れ残りを防ぐことができます。

本機能の利用手順は下記のとおりです。

<出品者>
1. 出品者は出品する際、「開始価格」と「即決価格」を同じ価格に設定し、「値下げ交渉あり」の項目にチェックをいれます。
2. 1件の値下げ交渉に対し、「受ける」または「断る」で返答します。返答は48時間以内とし、それ以後は自動的に「断る」となります。
3. 交渉に対し「受ける」とした場合、その交渉者は自動的に落札者となります。交渉は48時間有効となり、返事をせずに48時間を越えた場合は自動的に「断る」となります。

<落札者>
1. 落札者は「値下げ交渉」ボタンが表示された商品に限り、交渉を行えます。
2. 交渉価格、個数、パスワードを入力し、出品者からの返答を待ちます。
3. 出品者の返事が「受ける」であった場合は、自動的に落札者となり、「断る」であった場合には、最大3回まで交渉ができます。また1回の交渉は48時間有効となります。交渉依頼後は、出品者が返答、または48時間経過しないと再交渉できません。

「Yahoo!オークション」では、これからも利用者の方により使いやすいシステムを提供するよう尽力してまいります。

※1. 出品者が商品に対し、「値下げ交渉あり」と設定した場合にのみ、本機能は有効となります。



 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.