Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2008年12月11日

ヤフー株式会社


一般用医薬品に関する情報提供の方針を規制改革会議に提出

~一般用医薬品が適切に販売されるために本当に必要なこと~



 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、本日、一般用医薬品に関する情報提供の方針を規制改革会議に提出しました。
 2009年6月の改正薬事法の施行を控え、医薬品の販売方法について様々な意見が交わされているところですが、「一般用医薬品が適切に流通するために本当に必要なこと」は、医薬品の流通における情報提供のあり方を考えることです。

<方針の概要>
医薬品は、効能、服用方法、副作用などの情報と一体となって初めて適切に使用することができるものです。
副作用のない医薬品はなく、副作用のリスクは販売経路によって異なるものではありません。だからこそ、医薬品の販売にあたっては、副作用があることを含め、使用される方に対して十分な情報提供が行われることが不可欠です。また、販売者は、誤用や副作用による被害を防ぐための最善の情報提供の方法を考える必要があります。 医薬品の適切な使用を促進するには、医薬品の流通に係るすべての者が、それぞれの販売方法の特長に応じた最善な情報提供のあり方を議論し、国民にとって何が有益なのかを考えることが重要だと考えます。


提出した文書全文は以下にてご覧いただけます。
一般用医薬品が適切に販売されるために本当に必要なこと(PDF 113KB)PDF



 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.