Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2008年2月13日

ヤフー株式会社
早稲田大学


「Yahoo!メール Academic Edition」が早稲田大学にて導入決定



~2008年度中に提供開始、コミュニケーションの活性化を目指す~

「Yahoo!メール Academic Edition」の紹介ページ
 http://promo.mail.yahoo.co.jp/academic/



 ヤフー株式会社(代表取締役社長:井上雅博、以下、Yahoo! JAPAN)の提供する教育機関向けウェブメールサービス「Yahoo!メール Academic Edition」が、早稲田大学(総長:白井克彦)にて導入されることが決定しました。

 「Yahoo!メール Academic Edition」は月間利用ID数が1500万件を超える国内最大のメールサービス「Yahoo!メール」のシステムを利用し、学校が指定したメールアドレスを学生、教職員、卒業生などに無償で提供するものです。配布するメールアドレスは卒業後も利用できるので、末永く連絡を取り合えることにとどまらず、継続性を持ったキャリア形成や生涯学習に役立てることが可能となります。特別なサーバーやシステムは必要なく容易に導入できるほか、常時「Yahoo!メール」で行っている迷惑メール対策、ウイルス対策などのサービスも利用できます。

 今回は、早稲田大学の学生と教職員へ大学の指定するメールアドレスを提供します(メールボックス容量:1GB)。学生、教職員が「Yahoo!メール」を利用する際、広告は表示されません。2008年度中に学生、教職員等あわせて約7万人に提供する予定です。さらに、広告非表示機能は搭載しませんが、50万人以上の卒業生にもメールアドレスを配布する予定です。

 また、Yahoo! JAPANと早稲田大学は、学生、教職員、卒業生の方々を支援するため、「Yahoo!メール」だけでなく、Yahoo! JAPANが持つ豊富なコンテンツを用いたサービスの展開など、ネットワーク上のコミュニケーションに関する研究を共同で取り組んでいくことに同意しました。

 今回の発表にあたり、早稲田大学メディアネットワークセンター所長 深澤良彰 理工学術院教授は以下のような点について評価しています。

 「ネットワーク環境の進展に伴い、大学には信頼性の高いITサービスが求められています。秘密保持契約・サービス品質保証契約の締結が可能で、電気通信事業法に基づく情報保護が約束されるYahoo!メールは、本学のメール基盤拡充に適していると考えます。社会の大学に対する期待の高まりにより、ステークホルダーへの高いサービス提供も求められているので、今後は、Yahoo! JAPANが持つ多くの高品質なサービスが提供できることを期待します。」

 Yahoo! JAPANと早稲田大学は今後も、学生、教職員、卒業生の方々のコミュニケーションを支援する取り組みを積極的に行っていきます。


【早稲田大学】http://www.waseda.jp/
1882年に大隈重信によって、近代日本の人材育成を目的に東京専門学校として創立され、その後1902年に早稲田大学と改称されました。創立以来、「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」を建学の理念とし、その教育方針は現在も早稲田大学の教育と研究の根本をなしており、また、その歴史と伝統、教育・研究の水準の高さ、卒業生の活躍などから、日本で有数の私立大学として評価されています。2007年10月21日には創立125周年を迎え、『“早稲田”から“WASEDA”へ』をスローガンに、「教育のWASEDA」「研究のWASEDA」「グローバルキャンパスのWASEDA」としての改革を推進しています。

【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(市場名:東証1部/JASDAQ、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは、1か月あたり約4800万人のユニークカスタマー数※と、1日16億ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど多くのサービスを提供しています。

(※)2007年12月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率87.9%、職場からの視聴率89.9%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザーを約5452万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてYahoo! JAPANのユニークカスタマー数を算出。


# # #

Yahoo!とYahoo!のロゴマークは、米国ヤフーの登録商標または商標であり、ヤフー株式会社はこれらに関する権利を保有しています。文中の会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。


 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.