Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2007年11月12日

ヤフー株式会社


日本で最も検索されている言葉がみえる「Yahoo!検索ランキング」の提供開始

~ 国内ネットユーザーの約9割が利用するYahoo! JAPANの検索データから、
日本の今を知るキーワード情報を毎日配信 ~

「Yahoo!検索ランキング」のアドレス http://searchranking.yahoo.co.jp/



 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、検索キーワードとその検索回数をもとに集計・編集したキーワード情報サイト「Yahoo!検索ランキング」の提供を開始しました。 国内のインターネットユーザーの約9割が利用するYahoo! JAPANの検索データから、今、関心をあつめている話題をランキングやグラフとともに紹介します。

 「Yahoo!検索ランキング」の詳細は、下記のとおりです。

■今がわかる「急上昇ワード5」
・前日と比較し、検索回数が急増したキーワードをランキング形式で紹介する「急上昇ワードランキング」。Yahoo! JAPANのサーチクオリティを専門とするスタッフ「Yahoo!サーファー」によるキーワードの解説と、上昇率の点数を表示します。とくに注目度の高い人名や時事用語など5つのキーワードを、関連するサイトやニュース、ブログ、「Yahoo!知恵袋」からのQ&A(質問と回答)などと連動させてみることができます。また、キーワードによって、Yahoo! JAPANで提供するサービスと合致するコンテンツがある場合、写真、動画、地図、施設、株価、辞書、商品情報などを併せて表示します。上位30位までの一覧も毎日(平日のみ)提供します。

■旬がみえる「トレンドサーフィン」
・「Yahoo!サーファー」が独自の視点で、話題のキーワードを読み解くコラムを配信。季節やテーマにあわせて、人名や商品名、流行語、新語などさまざまなキーワードを、検索数の推移グラフや第ニワードランキングを使ってわかりやすく解説。また、時代をさかのぼって過去と現在を比較するなど、長期にわたって膨大な検索データを保有しているYahoo! JAPANならではの切り口でキーワードを検証します。
例えば、検索数の日本シリーズ「日ハムVS中日」では、「中日ドラゴンズ」が球団名検索数の勝負でも白星。「福田康夫」の第二ワードランキングの1位は意外にも「血液型」など、日替わりでコラムを紹介します。

■検索総数ランキング
・検索回数の多い順に、「総合」「人名」「テレビ」「ゲーム・アニメ」「スポーツ」のジャンル別にランキングを紹介。順位の変動を矢印で表示するので、キーワードの入れ替わりが一目でわかるようになっています。それぞれのキーワードをクリックすると、「Yahoo!検索」のウェブ検索の結果を表示します。上位20位までの一覧を毎日(平日のみ)提供します。

■RSS配信
・「Yahoo!検索ランキング」はRSS配信に対応しています。「My Yahoo!」やRSSリーダーの機能をもったブラウザ、専用のソフトウエアなどを使うと、RSSの表示がある情報を更新されたタイミングでみることができます。RSSとは、XML技術をベースにしたデータ形式で、Yahoo!検索ランキングで配信しているRSS形式(フォーマット)は、RSS2.0です。

■ランキング提供
・Yahoo! JAPANはさまざまなメディアに協力し、検索データを提供しています。
以下協力メディア、順不同(敬称略):日本テレビ「ラジかるッ」、フジテレビ「めざましテレビ」、読売テレビ「あさパラ!」、チバテレビ「ニュースC-MASTER」、TBSラジオ「ストリーム」、産経新聞、読売新聞、日刊ゲンダイ、角川ザテレビジョン「週刊ザテレビジョン」、アスキー「週刊アスキー」、オリコン「流行りモノ調査隊」、Impress Watch「Broadband Watch」

・自由国民社が発行する「現代用語の基礎知識2008年版」(12月3日発売)に、2007年の年間総合ワードランキングと、年末恒例「現代用語の基礎知識・選/2007ユーキャン新語・流行語大賞」の審査員用参考資料として、2007年1月から42週分の「週間急上昇ワードランキング」(420語)を提供しました。

 Yahoo! JAPANでは、今後もよりよい検索サービス、検索技術の向上を目指し、機能の拡充を図ってまいります。


【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(市場名:東証1部/JASDAQ、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは、1か月あたり約4826万人のユニークカスタマー数(※1)と、1日16億ページビュー(※2)のアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど多くのサービスを提供しています。

(※1)2007年9月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率88.6%、職場からの視聴率91.7%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザーを約5434万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてYahoo! JAPANのユニークカスタマー数を算出。
(※2)ページビューは、従来ウェブサーバーからの配信回数を計測した値を採用していましたが、2007年3月からブラウザでの表示回数をCSCにより計測した値を採用しています。


 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.