Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2005年11月17日

ヤフー株式会社


第2回Yahoo! JAPANスポーツ応援プロジェクト
「仲間といっしょに夢にチャレンジ!」受賞団体発表


~ 受賞団体には、100万円相当のスポーツグッズと、
有名アスリートによる講習会をプレゼント ~

Yahoo! JAPANスポーツ応援プロジェクトのアドレス:http://yells.yahoo.co.jp/



 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、8月22日から9月30日の期間で募集を行った、第2回Yahoo! JAPANスポーツ応援プロジェクト「仲間といっしょに夢にチャレンジ!」の受賞4団体を、「Yahoo! JAPANライフエンジン賞」として本日決定しました。 本企画は、スポーツに対する思いを募集し、最も熱いメッセージを寄せていただいた受賞団体に、希望する100万円相当のスポーツグッズをプレゼントするとともに、有名アスリートによるスポーツ講習会を実施していきます。
 本プロジェクトはYahoo! JAPANが、(1)スポーツの素晴らしさを考え、確認しあう機会を提供する。(2)日本のスポーツ文化の振興、発展に貢献する。ことを目的とした社会貢献事業の一環として実施したもので、日ごろからスポーツに親しみ、「仲間と一緒にもっとスポーツを楽しみたい!」という方々を応援するために、昨年よりスタートしました。

  本年度の受賞団体には、Yahoo! JAPANのプロジェクトメンバーとプロジェクトサポーターの総意で、下記4団体が決定しました。Yahoo! JAPANは本企画を通じて、スポーツの素晴らしさ、夢を持つことの大切さを仲間と共有できる機会を提供したいと考えております。

【応募期間】2005年8月22日~9月30日
【応募総数】292通
【受賞団体】

■DEF’’UNITED/デブ・ユナイテッド(秋田県大館市・フットサル)
■BIG WEST BASEBALL CLUB(青森県三戸郡・野球)
■キャッツ(広島県竹原市・バレーボール)
■葛飾区立保田養護学校(千葉県安房郡・サッカー)

【プロジェクトサポーター】

乙武洋匡氏(スポーツライター)
掛布雅之氏(野球解説者)
成田真由美氏(パラリンピック水泳金メダリスト)
松木安太郎氏(サッカー解説者)

※受賞団体の詳細およびプロジェクトサポーターのプロフィールについては、「Yahoo! JAPANスポーツ応援プロジェクト特設サイト」をご参照ください。
【第2回Yahoo! JAPANスポーツ応援プロジェクト「仲間といっしょに夢にチャレンジ!」】

主催:ヤフー株式会社
後援:財団法人日本オリンピック委員会、日本パラリンピック委員会
協力:株式会社日本教育新聞社
協賛:株式会社デサント、株式会社アシックス、ミズノ株式会社、株式会社ナイキジャパン



【Yahoo! JAPANのスポーツサポート活動】
Yahoo! JAPANでは、日本のスポーツ文化の発展に貢献したいという願いから、さまざまなスポーツ活動を支援しております。今年もすでに、「財団法人日本オリンピック委員会(JOC)」、「日本パラリンピック委員会(JPC)」とのオフィシャルパートナーシップ契約を更新しました。Yahoo! JAPANは今後も、インターネット・サービスメディアとしての役割を通じて、代表選手やお客様とともに、スポーツの感動を共有する機会の創設に努めていきます。

【Yahoo! JAPANの社会貢献活動について】
Yahoo! JAPANはインターネット企業として、インターネット社会の健全な発展のためにさまざまな貢献活動をしております。Yahoo! JAPANの社会貢献活動の考え方と実績については、サステナビリティレポートで紹介しています。
Yahoo! JAPAN サステナビリティレポート2005:http://csr.yahoo.co.jp/

【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/

ヤフー株式会社(市場名:東証1部、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは、1か月あたり約3963万人のユニークカスタマー数※と、1日11億9900万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど多くのサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアなど世界25の国と地域で展開しています。

※2005年10月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率85.9%、職場からの視聴率84.6%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザーを約4617万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてYahoo! JAPANのユニークカスタマー数を算出。

 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.