Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2004年10月14日

ヤフー株式会社



「Yahoo!メール」がメールボックス容量を最大2GBに拡大

~ メール1通あたりの添付ファイル容量も10MBまでに ~

「Yahoo!メール」のアドレス http://mail.yahoo.co.jp/


 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、国内最大のメールサービス「Yahoo!メール」のメールボックス容量拡大を開始しました。

 一般利用者(無料)では25MBを100MB、Yahoo!プレミアム会員(有料会員)では50MBを500MB、Yahoo! BB会員では100MBを2GBに、メールボックスの容量を拡大しました。
 本日から11月上旬にかけて、「Yahoo!メール」をご利用のお客様のメールボックスの容量を順次拡大します。
 また、メール1通あたりの容量制限も拡大しました。1通のメールに添付できるファイルの容量を、従来の2.2MBから10MBまでに拡大し、1通のメールに添付できるファイル数も最大3つから最大5つまでになりました。

 このたびの容量拡大は、「Yahoo! BB」などのブロードバンド環境が急速に広まり、よりデータ量の大きいメールの送受信環境を期待されるお客様からの要望に速やかに応えたものです。
 今年6月、段階的に拡大を行うことを発表して以来、安全性への配慮やお客様からの反響を踏まえ、第1弾の拡大を7月に行い、本日、第2弾の拡大を開始しました。

 今後も「Yahoo!メール」は国内最大の819万人から愛されるNo.1メールサービスとして、信頼性の高い安定したサービスの提供を維持しながら随時サービスの拡充を行います。
 迷惑メールやウイルスなどに対する安全性の確保、携帯電話からの利用など利便性の向上、メールアドレスの変更や独自ドメインの利用などの機能拡張に関する対策を、積極的に行ってまいります。


【Yahoo!メール】http://mail.yahoo.co.jp/
約819万人が利用する国内最大の無料メールサービスです。ウェブ上でYahoo! JAPAN IDの取得をするだけで、誰でも無料で利用できます。ウェブ上や、市販のメールソフト、携帯電話からメールの送受信が行えます。迷惑メール対策機能や、ウイルスチェック機能、ウィルス除去機能(月額210円、税込)、複数のメールアドレスに届いたメールを一元的に読める外部POPアクセス機能を備えています。高速ブロードバンドサービス「Yahoo! BB」の会員、月額会費294円(税込)のYahoo!プレミアム会員には、メールボックス容量が一般の利用者よりも大きく、メール本文に広告が入らないなどの便利な機能やオプションサービスを提供しています。
※2004年9月時点の数字

【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/

ヤフー株式会社(市場名:東証1部、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは、1か月あたり約3807万人のユニークカスタマー数※と、1日9億2000万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど多くのサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアなど世界25の国と地域で展開しています。

※2004年8月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率84.1%、職場からの視聴率90.1%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザーを約4508万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてYahoo! JAPANのユニークカスタマー数を算出。

 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.