Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2003年12月15日

ヤフー株式会社


新「Yahoo!メール」の試験運用開始について

(「Yahoo!メール」のアドレス:http://mail.yahoo.co.jp/


 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社は15日、無料ウェブメールサービス「Yahoo!メール」において、操作性を大幅に改善し機能を拡充した新「Yahoo!メール」の試験運用を開始いたしました。

 新「Yahoo!メール」は、初めての方でもより使いやすいよう画面レイアウトや表現を変更し、操作性を大幅に向上させました。また、ユーザーからニーズの高かったプルダウンメニューやショートカット機能、個人ツールへのアクセス機能を追加し各サービスへの切り替えが容易になりました。

 「Yahoo!メール」は、このたびの機能拡充により、いっそう視覚的に便利にコミュニケーションが行えるようになりました。今後も幅広い世代から支持されるサービスであり続けるために、新しい試みに積極的に取り組んでまいります。
 なお、このサービスは、2004年1月中旬より本格運用を開始する予定です。

【主な変更点】

1.Yahoo! JAPANの個人ツールに簡単アクセス
 ページ上部にはYahoo!メールをはじめとする個人ツール(Yahoo!メール、Yahoo!カレンダー、 Yahoo!アドレスブック、 Yahoo!ノートパッド)へアクセスするためのタブを設置しました。ユーザーはこれをクリックすることでサービスの切り替えを容易に行えます。

2.操作性を改善
 タブのそれぞれの個人ツール名の横に表示されている「▼」をクリックすると、「メールの確認」「メールの作成」「フォルダ」などのプルダウンメニューが表示されるようになりました。また、ショートカット機能が追加され、操作がしやすくなりました。

3.見やすいデザイン
 初めての方でもより使いやすい画面レイアウトに変更し、表現を見直しました。

【対象ユーザーと操作環境】
 ・対象ユーザー:新「Yahoo!メール」を利用する場合はJavaScriptに対応したブラウザを利用している方。
 (JavaScript未対応ブラウザの場合は現行の通常版Yahoo!メールが表示され、設定が有効でない場合も現行の通常版Yahoo!メールが表示されます)
 ・推奨環境Internet Explorer 5以上またはNetscape 6以上



【Yahoo!メール】http://mail.yahoo.co.jp/
「Yahoo!メール」は無料で利用できるメールサービスです。ブラウザ(Internet ExplorerやNetscape Navigatorなど)さえあれば、インターネットにつながったどんなパソコンからでも自分のアカウントでメールのやりとりができます。また、OutlookやEudora、Netscapeメールなどの電子メールソフトでも使用でき、「Yahoo!メール」あてのメールを別のメールアドレスへ転送することもできます。そのほか、自宅や会社のメールアドレスに送られたメールを「Yahoo!メール」で見られる機能も備え、携帯電話から「Yahoo!メール」を利用することも可能です。「Yahoo!メール」であれば、引っ越しや勤め先の変更、学校の卒業、プロバイダの変更などがあっても同じメールアドレスを使えます。また、パソコンを複数の人と共有している場合などでも、追加料金なしに個人用のメールアドレスが持てるメールサービスです。


【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(市場名:東証1部、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは1か月あたり約3358万人のユニークユーザー数※と、1日6億5000万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど69のサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアなど世界25の国と地域で展開しています。

※2003年11月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率81.4%、職場からの視聴率88.2%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザーを約4102万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてYahoo! JAPANのユニークユーザー数を算出。

 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.