Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2003年9月1日
株式会社電通
ヤフー株式会社


電通とYahoo! JAPAN インターネット上のプロモーション事業を開始


 株式会社電通(代表取締役社長:俣木盾夫 以下、電通)とYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(代表取締役社長:井上雅博 以下、Yahoo! JAPAN)は、インターネットテクノロジーを活用したマーケティングサービスにおける成長分野の「デジタルプロモーション事業」を共同で行っていくことに合意しました。これにより、両社はインターネットを使ったクローズド懸賞方式の消費者キャンペーンシステム「Digi-motion(R) EX(デジモーションEX)」を共同で開発し、今秋より企業向けに販売してまいります。

  電通では昨年より企業の販売促進活動の中心であるクローズド懸賞方式の消費者キャンペーンにおいて、キャンペーン告知、会員登録、懸賞応募、抽選、景品類提供、メール配信などを行うデジタルプロモーションサービス「Digi-motion(R)(デジモーション)」(*1)を実施し、当該領域において先行してサービスを提供し、専門的なノウハウの蓄積を行ってまいりました。
 またYahoo! JAPANはこれまで、日本最大のポータルサイトとしてのウェブサイト運営とインターネット広告のノウハウを蓄積してまいりました。そして、昨今のブロードバンド環境の普及やインターネットに接続可能な携帯電話の普及により、消費者が商品を検討、購入する際にインターネットで情報を調べることが多いなど、インターネット広告が販売促進につながるケースが増えていることに着目しました。また同時にYahoo! JAPANでは、大規模な懸賞による販売促進活動を行う際にインターネットを利用する広告主が増加していることに着目し、販売促進市場を視野に入れたビジネスの開発を進めていました。

 現在、このような「広告周辺領域費」(*2)は2兆7,814億円となっており、今後もプロモーションのデジタル化が進むことにより、新たに成長が見込める拡大傾向にある市場となっております。その広告周辺領域に対して、電通とYahoo! JAPANはデジタルプロモーションを積極的に提案・実施することで市場拡大を推進してまいります。

 このたびの両社の提携により、これまで電通グループで手がけてきたデジタルプロモーションサービス「Digi-motion(R)」のノウハウと、Yahoo! JAPANの1日5億8000万ページビューのインターネットサービスを運用する技術力および、Yahoo! JAPANならびにグループ企業のアプリケーション開発力を合わせることで、これまでのデジタルプロモーションサービスの課題であったキャンペーン導入期間やコストの圧縮、キャンペーン効果や効率の向上等を実現する、付加価値の高いデジタルプロモーションサービス「Digi-motion(R) EX」を提供してまいります。

  「Digi-motion(R) EX」は、後述の商品概要のとおり、デジタルプロモーションを実施する場合に必要な基本機能からなる「基本パッケージ」と、Yahoo! JAPANのサービスや広告商品と連動することでキャンペーンの効果や効率を飛躍的に高める機能からなる「オプション」により構成されています。キャンペーンの規模や予算に応じて両者を組み合わせることで、最適なデジタルプロモーションの実現が可能となります。
 「Digi-motion(R) EX」サービスとYahoo! JAPANの媒体力を最大限に活用したYahoo! JAPAN内でのキャンペーン告知のためのオリジナル広告パッケージ商品は、併せて今秋より電通が販売していく予定です。

 なお、「Digi-motion(R) EX」のシステム開発は、電通グループのデジタルプロモーションサービスのノウハウと、Yahoo! JAPANのグループ企業であるユニセプト株式会社が今まで培ってきたモバイルサービスやプロモーションシステム開発の経験を併せる形で開発していきます。また本システムは、1日5億8000万ページビュー以上のアクセスを支え、ウェッブサイト運営ノウハウと技術が集積されたYahoo! JAPANの強靭なシステムでホスティングすることで、安定したサービス提供が可能となります。

 このように、電通グループとYahoo! JAPANグループは、販売促進領域における新しいインターネット事業をスタートさせることで、さまざまな企業のインターネットを活用した販売促進活動を行ってまいります。また、今後も広告活動と併せてサポートすることにより効果や効率の向上、かつ魅力的なキャンペーンを組み立てるべく、幅広いサービスを提供してまいります。
【*1 - Digi-motion(R) とは】
 Digi-motion(R)(デジモーション)とは、2002年から他社に先駆けて提供してきた電通オリジナルのデジタルプロモーションサービスです。従来の消費者キャンペーンをデジタル化する事で応募の増大(=売上げの増大)をはかりつつ、更にはキャンペーン参加者へ魅力的なコンテンツや仕組みを提供する事で、消費者とクライアント企業との新たな接点を提供するサービスです。
【*2 - 広告周辺領域費 とは】  
 2001年12月の野村総合研究所が実施した調査では一部上場企業の財務諸表から広告宣伝費、販売促進費に含まれるものを抽出後、拡大推計した市場規模算出を行っています。そこでは広告宣伝費(テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、交通・屋外、SP関連費)が6兆1,912億円となっており、それに付随する「広告周辺領域費(POP、折込、DM、景品類、市場調査費等)」が2兆7,814億円と推計されています。

<「Digi-motion(R) EX」の商品概要>
◆サービス名: 「Digi-motion(R) EX」
◆サービス構成 : 当サービスは「基本パッケージ」と「オプション」の2種から構成されています。

<基本パッケージ>
応募抽選などのクローズド懸賞の基本的な機能にくわえて、インスタントくじやゲーム、ベタ付け景品の提供を組み合わせるなど、希望の機能を選択することで、アプリケーションやシステムの設定が自動的に行われ、短期間でサービスが立ち上がります。
主なパッケージ機能は以下のとおりです。
・ユーザー登録機能
・応募ナンバー登録機能
・ポイントコレクト機能
・ゲーム・インスタントウィン機能   
・主催者側の管理、分析機能 等

<オプション>
Yahoo! JAPANのサービスや広告商品と連動したオプションなど、消費 者キャンペーンの効果を最大化するメニューが用意されています。
主なオプション機能は以下のとおりです。
・Yahoo!JAPAN内キャンペーン告知
・メール配信拡張
・統計レポート拡張
・デジタルプレミアム企画・制作
・コンテンツ自動生成
・コマース機能 等


特徴(1):付加価値サービス
  今までのデジタルプロモーションサービスは、キャンペーン期間中、期間後の幅広いマーケティングサービス展開などデジタルならではの付加価値についてあまり検討されていませんでした。本サービスはオプションとして、日本最大のインターネットメディアであるYahoo! JAPANの広告商品やサービスと連動したパッケージなど、消費者キャンペーンの効果を最大化する機能も含まれています。また、電通が持つキャンペーン運営ノウハウを生かした、事務局対応や景品類制作、発送なども一括して提供することができます。これにより、さまざまなプロモーションメニューの統合的な組み立てによって、効果的なキャンペーンの提供が可能です。
特徴(2):パッケージ型サービス
  今までのデジタルプロモーションサービスは導入・運用の合理化が進んでいなかったため、このことが導入の際の障壁となっていました。電通やYahoo! JAPANの持つノウハウによって、汎用的なデジタルキャンペーンの基本機能をパッケージ化することで、短期間でサービスが立ち上がります。これにより、キャンペーン導入期間やコストの圧縮を行い、より効率的なキャンペーンの提供が可能です。
◆提供開始時期:今秋(予定)
◆販売主体  :株式会社電通


【株式会社電通】http://www.dentsu.co.jp/
会社名 株式会社電通
資本金 589億6,710万円
所在地 東京都港区東新橋1-8-1
売上高 約1兆3,676億円(平成14年4月から平成15年3月)
従業員数 5,637名 (平成15年3月31日現在)

【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/

ヤフー株式会社(市場名:店頭(JASDAQ)、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役社長:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは1か月あたり約3236万人のユニークユーザー数※と、1日5億8000万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど68のサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアなど世界25の国と地域で展開しています。

※2003年7月のNielsen//NetRatings「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率80.9%、職場からの視聴率88.3%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザーを約3970万人(NetRatings Japan「インターネット基礎調査」より)としてYahoo! JAPANのユニークユーザー数を算出。

 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.