Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2003年4月25日

ヤフー株式会社
ワイズ・スポーツ株式会社



「スポーツナビ」が日本野球機構公認「ファンタジーベースボール2003」を公開


「ファンタジーベースボール2003」のアドレス
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/fantasy/


 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)の100%子会社であるワイズ・スポーツ株式会社は25日、同社が運営する総合スポーツ情報サイト「スポーツナビ」において、社団法人日本野球機構公認ゲーム「ファンタジーベースボール2003」を公開しました。

「ファンタジーベースボール2003」とは
 「ファンタジーベースボール」とは、ユーザーがオーナー兼監督となり、オリジナルチームを作成して、ほかのユーザーとポイントで順位を競い合うゲームです。
オリジナルチームは、プロ野球で現在活躍している約800人の選手のなかから所属球団の枠を越えて選び、作成します。ポイントは日々更新される公式戦の選手の成績を基にオリジナルチームに付与されます。活躍した選手を何人選んでいるかがポイント入手の決め手となります。

 従来の対戦ゲームのように、スピードや反射神経を競うものではなく、選手のコンディション、翌週の対戦カードや先発ローテーションなど、実際のプロ野球をチェックしながら自分の予想を楽しむゲームです。
多数の参加チームのなかから野球通やお友達とグループをつくり、順位の比較ができるマイリーグ機能、選手の選択に迷った場合の自動選択機能も備えており、プロ野球ファンなら誰でも手軽に楽しめます。

 本ゲームは、プロ野球球団名・選手名・公式記録などを利用する、現時点で国内唯一の日本野球機構の公認ファンタジーゲーム※です。
※実際のプロスポーツの試合結果と連動したゲーム

MVP・ベストナインを毎日発表
 スポーツナビでは、ユーザーのランキングに加え、本ゲームのポイントシステムに基づき、選手のMVP・ベストナインを、毎日・毎週・リーグ(5週間合計)・シーズンごとに発表します。ゲームに参加しないユーザーでも、「どの選手が1一番活躍したの?」という情報を毎日楽しめます。

ゲームの期間
 本日の登録受け付け開始後~5月18日まではオープン戦として無料でサービスを提供し、5月19日以降は、1期間(5週間)600円(税別)の有料サービスとなります。有料サービスのご利用申し込み開始から1週間は、無料で参加できるお試し期間を設けています。

 Yahoo! JAPANは、2003年J1リーグ戦開幕にあわせて、3月18日よりスポーツ総合サービス「Yahoo!スポーツ」(http://sports.yahoo.co.jp/)に、Jリーグ公認の選手パフォーマンス分析データ「J-STATS Opta」を利用したファンタジーゲーム「ファンタジーサッカー」を無料で公開しています。
また、ワイズ・スポーツ社は、豊富な記者やライターを擁し、独自インタビューやコラムの充実により、報道メディアとして定評のあるスポーツ専門サイト「スポーツナビ」を運営しています。

 Yahoo! JAPANとスポーツナビは、今後も野球とサッカー以外のファンタジーゲームの提供をはじめとし、急速に増加するインターネットユーザーに満足してもらえるサービスの拡充を目指してまいります。



【Yahoo!スポーツ】http://sports.yahoo.co.jp/
プロ野球、サッカー、競馬、ゴルフ、K-1、F1など12種類以上のプロスポーツ情報をはじめ、全国のスキー場の積雪情報など、スポーツ観戦に関する情報だけでなく、自らスポーツを楽しむための情報を幅広くそろえたスポーツ情報サイト。
Jリーグ公認の選手パフォーマンス分析データ「J-STATS Opta」を利用したファンタジーゲームも提供。

【ワイズ・スポーツ株式会社】http://sportsnavi.yahoo.co.jp
スポーツの試合のライブ速報、ニュース、コラムを中心とした総合スポーツ情報サイト「スポーツナビ」の運営のほか、財団法人全日本スキー連盟、日本水泳連盟の公式サイト運営受託サービスを提供。

【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(市場名:店頭(JASDAQ)、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、 代表取締役社長:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは1か月あたり約2977万人のユニークユーザー数※と、1日4億6772万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど66のサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェッブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアで世界25の国と地域で展開しています。

※日本リサーチセンターのインターネット視聴率調査レポート(JAR Report vol. 54:調査期間 2003/2/24~2003/3/23)による視聴率88.7%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに、ホームページを閲覧する日本のインターネットユーザーを約3356万人として算出。

 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.