Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2003年4月1日
   ヤフー株式会社


Yahoo! JAPANがボランティア総合情報サービス「Yahoo!ボランティア」開設
~ 社会貢献事業の一環として ~

「Yahoo!ボランティア」のアドレス
http://volunteer.yahoo.co.jp/ 


 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社は本日、サービス開始7周年を記念してボランティアの総合情報サービス「Yahoo!ボランティア」を開設しました。本サービスは、Yahoo! JAPANの社会貢献事業の一環であり、ボランティア活動のさらなる振興の一助となるべく提供します。

 「Yahoo!ボランティア」は、さまざまな社会貢献活動を行う団体の登録や団体情報検索ができる「ボランティア団体情報」を柱に、ボランティア活動に参加したい人と参加を求めている団体に、コミュニケーション支援の場を提供します。またボランティア活動を始めたい人や団体を運営したい人向けの情報を集めたボランティアガイド、関連ニュースなどの提供も行います。さらに、今後はウェッブサイトで募金を行えるサービスの追加も検討しています。

 社会貢献活動を行う団体は「Yahoo!ボランティア」に情報を登録することで、より多くの人に活動内容を紹介できるようになります。「ボランティア団体情報」の掲載は無料で、「Yahoo!ボランティア」から登録の申請が行えます。登録に際しては、団体がホームページを開設していることが基本条件となり、その上で連絡先や設立目的、活動内容などの基本情報と、収支報告や活動実績など活動内容がより具体的にわかる項目を入力していただきます。「Yahoo!ボランティア」では、数多くの情報を公開していただくことで活動に透明性をもたせ、より多くの人がボランティア活動に参加するきっかけを提供したいと考えております。登録申請後は、「Yahoo!ボランティア」の掲載基準に従って掲載の可否を判断させていただきます。

 Yahoo! JAPANは社会貢献事業として、1997年に株式の公開を記念して、子どもたちが安心して利用できる検索サービス「Yahoo!きっず」の提供も開始しております。また、以下のような社会貢献、環境への配慮を意識した活動を従来の事業を通じて行ってきました。

 ・Yahoo!オークションでの「チャリティーオークション」の運営
 ・ホームページ検索サービスへの、ボランティア団体、募金、寄付関連サイトの登録
 ・学園祭におけるエコ皿の配布。製作物への再生紙利用など

さらに、2001年からはYahoo! BBの提供を開始し、国内のインターネット環境、ブロードバンド環境の発展に、少なからず寄与することができたと考えています。

 Yahoo! JAPANでは、月間約3000万人※というユーザー数をベースに、「Yahoo!ボランティア」のサービスを通して、ボランティア団体をはじめ、活動を支援する機関ならびに団体や、実際にボランティア活動に参加を希望する個人の方々などに対し、インターネットの特徴を生かしたさまざまなサービスを提供していきたいと考えています。

【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp
ヤフー株式会社(市場名:店頭(JASDAQ)、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役社長:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは1か月あたり約2957万人のユニークユーザー数※と、1日4億4300万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど64のサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェッブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアで世界25の国と地域で展開しています。

※ 日本リサーチセンターのインターネット視聴率調査レポート(JAR Report vol. 53:調査期間 2003/1/27~2003/2/23)による視聴率90.4%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに、ホームページを閲覧する日本のインターネットユーザーを約3,271万人として算出。

 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.