Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース
2002年12月19日
ヤフー株式会社
株式会社テックタンク


「Yahoo!ファイナンス 口座管理サービス」の試験運用開始について

「Yahoo!ファイナンス 口座管理サービス」のアドレス:http://biz.yahoo.co.jp/accountmanager/moneylook/web/


 Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社と株式会社テックタンクは、株価情報や保険情報などを提供する総合金融情報サービス「Yahoo!ファイナンス」で、複数の金融機関の口座情報を一つのYahoo! JAPAN IDで一括管理できる口座管理サービスの試験運用を開始しました。

 口座管理サービスは、銀行や証券会社、クレジットカード会社など、ユーザーがインターネット上で利用している複数の金融機関の口座情報や取引明細情報などを一元的に確認できるサービス(アカウントアグリゲーションサービス)です。国内のアカウントアグリゲーションサービスとしては最多となる28社30サイトの金融機関に対応し、口座情報を表やグラフにして収支管理や資産計画のために活用できます。

 Yahoo! JAPANの会員登録後に発行する「Yahoo! JAPAN ID」(無料)を取得したユーザーであれば、テックタンクが開発した専用ソフトウエア「MoneyLook(マネールック)」をダウンロードして無料で利用できます。各金融機関の口座に対応するIDとパスワードを本ソフトウエアに一度登録するだけで、次回からそれぞれの口座に対応するIDとパスワードを入力する手間から解放され、各口座情報をYahoo! JAPAN IDで一括管理できます。

 なお、「MoneyLook」は各口座のID、パスワード情報をインターネット上のサーバーに預けるのではなく、ユーザーのパソコン側で集中管理する仕組みになっているため、セキュリティー面においても安心して活用できます。

 このサービスの本格運用は、2003年2月より開始する予定です。


■「MoneyLook」の動作環境
・Windows 98(SE)/ME/2000/XP
・Internet Explorer 5.0以上
・CPU Pentium II 300MHz以上で、メモリ64MB以上(推奨128MB以上)、HDD空き容量50MB以上のパソコン

■サービスの主な特長
・複数の金融機関の口座をYahoo! JAPAN IDで一括管理
・各口座のID、パスワードなどの個人情報は、アメリカ合衆国政府の標準暗号方式(AES)「Rijndael」を使用することにより暗号化してパソコンに保存
・資産形成の計画や分析は、表やグラフで表示
・Microsoft Excelへのデータ出力が可能

■利用可能金融機関(28社30サイト)
UFJ銀行、アイワイバンク銀行、あさひ銀行、イーバンク銀行、ジャパンネット銀行、住友信託銀行、スルガ銀行ソフトバンク支店、大和銀行、東京三菱銀行、みずほ銀行(旧第一勧業銀行・旧富士銀行)エムタウン支店、三井住友銀行、モビット
DLJディレクトSFG証券、イー・トレード証券、大和証券、東海東京証券、日興ビーンズ証券、野村證券、松井証券、マネックス証券
JCBカード、UCカード、UFJカード、イオンクレジットサービス、オリエントコーポレーション(オリコカード)、クレディセゾン(セゾンカード)、日本信販(NICOSカ-ド)、三井住友VISAカード

※大和証券、日興ビーンズ証券、野村證券、松井証券、マネックス証券の5社については2003年1月上旬にサービスの対応予定です。

■スポンサー企業(2002年12月19日現在)
口座管理サービスを運用するにあたっての協賛企業です。「MoneyLook」の広告バナーエリアに、各社のバナーを表示します。また、各スポンサーのサービスにワンクリックで自動ログインできるボタンを設置しています。

ジャパンネット銀行、住友信託銀行、スルガ銀行ソフトバンク支店、モビット、DLJディレクトSFG証券、イー・トレード証券、東海東京証券、日本信販(NICOSカ-ド)、あおぞらカード、アクサ損害保険

なお、本サービスは、テックタンク社が独自に各金融機関のサイトを調査し、対応しているものであり、スポンサー企業、その他の金融機関が「MoneyLook」の動作を保証しているものではありません。


【Yahoo!ファイナンス】finance.yahoo.co.jp
全上場株式銘柄の株価20分速報・チャートをはじめ、投資信託、外国為替速報、企業情報、アナリストレポート、東証主要企業決算発表予定日、預金金利、ローン、生命保険、ニュース、銘柄別掲示板、投資信託別掲示板など、情報の質・量ともに業界最高水準の広範囲にわたる金融情報サービスを提供。これらの一部サービスは、iモードまたはJ-スカイ、EZwebに対応した携帯電話向けサービス「Yahoo!モバイル」(http:// yahoo.co.jp/)からも無料で利用できます。

【Yahoo! JAPAN】www.yahoo.co.jp
ヤフー株式会社(市場名:店頭(JASDAQ)、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、 代表取締役社長:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは1か月あたり約2793万人のユニーク・ユーザー数※と、1日4億200万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど60のサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェッブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアで世界25の国と地域で展開しています。

※日本リサーチセンターのインターネット視聴率調査レポート(JAR Report vol. 50:調査期間 2002/11/4~2002/12/1)による視聴率88.9%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに、ホームページを閲覧する日本のインターネットユーザーを約3142万人として算出。

【株式会社テックタンク】www.techtank.co.jp
本社:東京都千代田区神田錦町3-17-11榮葉ビル、代表取締役社長:前田稔
テックタンクは、ソフトバンク・ファイナンスグループにおいて培ってきた金融ビジネスの知識に裏打ちされたIT技術、ノウハウをベースにシステムサポートサービスを提供するトータルITソリューションカンパニーです。

 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.