Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース
2002年12月12日
ヤフー株式会社


「Yahoo!メール」有料のウイルスチェック機能サービス開始

「Yahoo!メール」のアドレス:http://mail.yahoo.co.jp/

  Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下 Yahoo! JAPAN)、株式会社シマンテック(東京都渋谷区桜丘町、代表取締役社長:成田明彦)、三井物産株式会社(東京都千代田区大手町、代表取締役社長:槍田松瑩)の3社は提携し、Yahoo! JAPANが提供する無料メールサービス「Yahoo!メール」で、有料のウイルスチェックサービスの提供を本日より開始しました。

  このたび提供開始する「Yahoo!メールウイルスチェックサービス」は、シマンテックが提供する「Symantec AntiVirus Scan Engine(シマンテック・アンチウイルス・スキャン・エンジン)」を使ったウイルスチェックサービスです。世界最大のインターネット・セキュリティ研究所である「シマンテック・セキュリティ・レスポンス」とのホットラインにより24時間365日稼動して新種ウイルスへの迅速な対応を行います。

  本サービスは、「Yahoo!メール」で受信したメールに対して自動的にウイルスの検知と除去を行います。メールがメールボックスに届く前にYahoo!のサーバー上でウイルスチェックを行い、ウイルスが検知された場合には自動的に除去(または感染ファイルを削除)します。本サービスでは、通常のメールソフトでのPOPアクセスをはじめ「Yahoo!メール」で受信したすべてのメールに対して、自動的にウイルスを検知し除去することが可能です。
※メールソフトからの送信メールのウイルスチェックサービスについては今後、提供予定です。

  本サービスを利用することで、自宅のパソコンでも会社のパソコンでもウイルスチェック済みの「Yahoo!メール」を安心して受信できます。

  利用料金は、1メールアドレス(1Yahoo! JAPAN ID)あたり月額200円です。本サービスをお申し込みいただいたユーザーは、サービス提供開始を記念して2003年1月末までの期間、利用料金無料でご利用いただけます。本サービスは、お客様がご利用を停止されない限り自動継続されます。

  本サービスにおいて、シマンテックはウイルス対策の最新技術を提供し、三井物産はトータルコーディネーションを果たしています。 2002年12月5日現在、150万を超える「Yahoo! BB」会員を含む「Yahoo!メール」ユーザーのみなさまのメール環境を、三社が協力してウイルスの脅威から守っていきます。

【Yahoo!メール】http://mail.yahoo.co.jp
  「Yahoo!メール」は無料で利用できるメールサービスです。ブラウザ(Internet ExplorerやNetscape Navigatorなど)さえあれば、インターネットにつながったどんなパソコンからでも自分のアカウントでメールのやりとりができます。「Yahoo!メール」をOutlookやEudora、Netscapeメールなどの電子メールソフトでも使用することができ、また「Yahoo!メール」あてのメールを別のアドレスへ転送することもできます。そのほか、自宅や会社のメールアドレスに送られたメールを「Yahoo!メール」で見ることができる機能も備え、携帯電話から「Yahoo!メール」を利用することもできます。「Yahoo!メール」であれば、引っ越しや学校の卒業、プロバイダ変更、勤め先が変わったりなどしても同じメールアドレスを使い続けることができます。また、パソコンを複数の人と共有している場合、追加料金なしに個人用のメールアドレスが持てるメールサービスです。

【株式会社シマンテックについて】
  株式会社シマンテックは米Symantec Corporation(会長兼CEO:ジョン・W・トンプソン、本社:米国カリフォルニア州クパティーノ)の日本法人として1994年9月1日に設立されました。インターネット・セキュリティのリーダー企業として、個人、企業、サービスプロバイダへウイルス対策、ファイアウォール、リモート管理技術などのネットワークのセキュリティ・ソリューションを提供し、日本市場のニーズや環境に適した製品の開発、販売およびサポートを行っています。詳細はhttp://www.symantec.co.jpをご覧ください。

* Symantec社の名称、ロゴおよび各製品は、米国Symantec Corporationの米国内およびその他の国における登録商標または商標です。
その他製品名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。

【三井物産株式会社について】
  三井物産株式会社は1996年より日本におけるSymantec SoftwareのDistributorを務め、ウイルス関連情報の配信、製品に関するトレーニング活動を開催するなど、Symantec製品を総合的にPromotionさせて頂いております。本xSP事業者様向けサービスにおいては、適正なSystem構成の構築、事業者様が希望されるサービス実現の為の製品カスタマイズのトータルコーディネーションを担っております。


【Yahoo! JAPAN】www.yahoo.co.jp
ヤフー株式会社(市場名:店頭(JASDAQ)、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役社長:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは1か月あたり約2718万人のユニーク・ユーザー数※と、一日4億200万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど59のサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェッブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアで世界25の国と地域で展開しています。

※日本リサーチセンターのインターネット視聴率調査レポート(JAR Report vol. 49:調査期間 2002/10/7~2002/11/3)による視聴率89.5%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに、ホームページを閲覧する日本のインターネットユーザーを約3037万人として算出。

 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.