Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース
2002年10月21日
ヤフー株式会社


「Yahoo!メール」モバイル版が登場、携帯電話から利用可能に
~ 自宅や会社あてのメール受信など、Yahoo!メールの機能を携帯電話で実現 ~

「Yahoo!メール」のアドレス:http://mail.yahoo.co.jp/
「Yahoo!モバイル」のアドレス:http://mobile.yahoo.co.jp/ [iモード、J-スカイ、EZweb]
 日本最大のアクセスを誇るウェッブサイトYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 雅博)は21日、無料メールサービス「Yahoo!メール」を拡充し、携帯電話などのモバイル端末向けサービス「Yahoo!モバイル」と連携させて携帯電話からのメールの送受信を可能にしました。これにより、パソコンを持ち歩かなくても携帯電話さえあれば、いつでも、どこでもYahoo!メールを利用できます。

 新サービスは、iモード、J-スカイ、Ezwebに対応した携帯電話さえあればだれでも利用することができます。サービスの利用にはYahoo! JAPAN IDの登録(無料)が必要です。Yahoo! JAPAN IDはパソコンからでも携帯電話からでも取得可能(※1)で、Yahoo! JAPAN ID取得後、すぐにYahoo!メールを利用できるようになります。また、パソコンでYahoo!メールを使用する場合と同様に、メールの受信にあたっては文字数の制限もありません。 

 Yahoo!メールは、Yahoo! JAPAN IDを登録したユーザーに対して提供される無料サービスです。Internet ExplorerやNetscapeなどのブラウザがあれば、どこからでも自分のYahoo! JAPAN IDを使ってメールのやり取りが可能なうえ、自宅や会社など、Yahoo!メール以外のメールアドレスに届いたメールを読むことができる「外部メール」機能(※2)も備えており、外出先や旅行先などからメールの確認を行うのに非常に便利です。新たに携帯電話からのアクセスが可能となったことで、今後は場所を選ばずに、手軽にメールを利用できるようになります。

 Yahoo! JAPANは今後も随時サービスの拡充を図るとともに、より多くのユーザーにいつでもどこでも、Yahoo! JAPANのあらゆるサービスを利用できる環境「Yahoo! Everywhere」の実現を目指し、ユーザーに満足いただけるサービスを追求してまいります。

※1) Yahoo! JAPAN IDを取得できるのは、iモード、EZweb対応の携帯電話となります。
※2) 外部メール機能は、プロバイダー側の制限により使用できない場合があります。また、外部メール機能の設定を行うには、パソコンでYahoo!メールにアクセスする必要があります。




【Yahoo! JAPAN】 www.yahoo.co.jp
ヤフー株式会社(市場名:店頭(JASDAQ)、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、 設立年月日:1996年1月31日、 代表取締役社長:井上雅博)が運営するYahoo! JAPAN は1か月あたり約2726万人のユニーク・ユーザー数※と、一日3億9600万ページビュー のアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど59のサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェッブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアで世界25の国と地域で展開しています。

※日本リサーチセンターのインターネット視聴率調査レポート(JAR Report vol. 47:調査期間 2002/8/12~2002/9/8)による視聴率90.1%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに、ホームページを閲覧する日本のインターネットユーザーを約3026万人として算出。


 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.