Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース
2002年9月6日
ヤフー株式会社

「Yahoo!メール」に無料のウイルスチェック機能を追加

(Yahoo!メール」のアドレス:
http://mail.yahoo.co.jp/
 日本最大のアクセスを誇るウェッブサイトYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 雅博)が提供する無料で利用できるメールサービス「Yahoo!メール」は6日より、株式会社シマンテック(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:成田 明彦)と提携し、受信したメールの添付ファイルを手動でウイルスチェックできる機能を追加しました。この機能は無料で利用できます。

 このたび提供を開始したウイルスチェック機能は、ウェッブサイト上で「Yahoo!メール」を利用する際に、シマンテックが提供するウイルス検知ソフト「Norton Antivirus」で添付ファイルのウイルスの有無を手動で調べることができるものです。今後、有料サービスとしてさらに高度なウイルスチェックと駆除を行う機能を追加していく予定です。

 ユーザーは、ウェッブサイト上にて「Yahoo!メール」で受信したメールに添付ファイルがある場合、「Norton Antivirusでスキャン」というリンクをクリックすることで、添付ファイルがウイルスに感染していないかどうかを確認できます。もしウイルスが発見された場合、ウイルスが発見された旨が表示されます。また、送信するメールにファイルを添付する場合、自動的にウイルスチェックが実行されます。

※今回の無料サービスは、ウェッブサイト上でブラウザを利用して利用する場合にのみ利用が可能です。メールソフトにてPOPアクセスで利用する場合には利用できません。


【Yahoo!メール】http://mail.yahoo.co.jp
「Yahoo!メール」は無料で利用できるメールサービスです。ブラウザ(Internet ExplorerやNetscapeなど)さえあれば、インターネットにつながったどんなパソコンからでも自分のアカウントでメールのやりとりができます。「Yahoo!メール」をOutlookやEudora、Netscapeメールなどの電子メールソフトでも使用することができ、またYahoo!メール宛のメールを別のアドレスへ転送することもできます。そのほか、自宅や会社のメールアドレスに送られたメールを「Yahoo!メール」で見ることができる機能も備えています。「Yahoo!メール」であれば、引越や学校の卒業、プロバイダ変更、勤め先が変わったりなどしても同じメールアドレスを使い続けることができます。また、パソコンを複数の人と共有している場合、追加料金なしに個人用のメールアドレスがもてるメールサービスです。

【Yahoo! JAPAN】www.yahoo.co.jp
ヤフー株式会社(市場名:店頭(JASDAQ)、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、 代表取締役社長:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは1か月あたり約2671万人のユニーク・ユーザー数※と、一日3億5900万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど58のサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェッブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアで世界25の国と地域で展開しています。

※日本リサーチセンターのインターネット視聴率調査レポート(JAR Report vol. 46:調査期間 2002/7/15~2002/8/11)による視聴率88.4%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに、ホームページを閲覧する日本のインターネットユーザーを約3021万人として算出。


 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.