Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2002年3月22日
ヤフー株式会社

「Yahoo! eグループ」が2002FIFAワールドカップTM
JAWOCボランティア専用の公式メーリングサービスを提供

(「Yahoo! eグループ」のアドレス:www.egroups.co.jp


 日本最大のアクセスを誇るウェッブサイトYahoo! JAPAN(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 雅博)のメーリングリストサービス「Yahoo! eグループ」は、2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会(JAWOC)(所在地:東京都千代田区、会長:那須 翔)と協力し、JAWOCのボランティアメンバー用のニュースレター配信に「Yahoo! eグループ」を提供することを発表しました。JAWOCボランティア公式メールニュースは、横浜など全国11か所で集められた約1万6500人のJAWOCボランティアメンバーでメールアドレスをもっている方の連絡網として利用されます。

 本サービスの導入により、JAWOCは郵便などによるボランティアメンバーへの連絡手段と比べ、手間やコストを抑えることができるうえ、ニュース配信や研修等の告知を迅速に行うことができます。また、普段はなかなか交流する時間や場所を持てないボランティアどうしがインターネットを通じて情報交換をすることで、お互いの理解を深め合い、連帯意識を高めることができるようになり、ボランティア間の交流にも活用できます。

 「Yahoo! eグループ」は現在約185万IDの登録ユーザーに利用され、月間約4500万通のメールを無料で配信している国内最大のグループウェアで、デザインや仕様をJAWOC専用にカスタマイズして提供するのは今回がはじめてです。Yahoo! JAPANは「Yahoo! eグループ」を通じて、ボランティアのみなさんの円滑なコミュニケーションをお手伝いすることで、2002年FIFAワールドカップの運営をサポートして参ります。

 Yahoo!は、2001年9月にFIFAワールドカップTMのオフィシャル・パートナーになり、同年11月28日にFIFA公式サイト「FIFAworldcup.com」を公開しています。

「Yahoo! eグループ」www.egroups.co.jp
ヤフー株式会社の子会社のイー・グループ株式会社が提供するメーリングリストを中心とする国内最大級のグループウェアサービスです。約185万IDの登録ユーザーに月間約4500万通のメール配信を誇っています。2001年9月28日より、Yahoo! JAPANで「Yahoo! eグループ」の運営開発を提供しています。


【Yahoo! JAPAN】www.yahoo.co.jp
ヤフー株式会社(市場名:店頭(JASDAQ)、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役社長:井上雅博)が運営するYahoo!JAPANは1か月あたり約2368万人のユニーク・ユーザー数※と、一日2億7300万ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど55のサービスを提供しています。Yahoo!のグローバルウェッブネットワークは、アメリカ合衆国、ラテンアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアで世界25の国と地域で展開しています。

※日本リサーチセンターのインターネット視聴率調査レポート(JAR Report vol. 40:調査期間 2001/1/28~2002/2/24)による視聴率85.6%(NAR:4週間に1度以上の訪問者の比率)をもとに、ホームページを閲覧する日本のインターネットユーザーを約2767万人として算出。

Yahoo!とYahoo!のロゴマークは、米国ヤフーの登録商標または商標であり、ヤフー株式会社はこれらに関する権利を保有しています。 文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.