Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2000年9月26日
ヤフー株式会社


「Yahoo!オークション」にエスクローサービスを導入

(Yahoo!オークションのURL:auctions.yahoo.co.jp)

  日本最大のアクセスを誇るウェッブサイトYahoo! JAPAN(本社:東京都港区、社長:井上雅博)が提供する、誰もが無料で出品、入札ができる競売サービス「Yahoo!オークション」は本日、株式会社デジタルチェック(本社:東京都新宿区、会長:土岐隆之)と提携し、ネットオークションにおける個人間の取引を代行する「エスクローサービス」を導入いたしました。

 エスクローサービスとは、出品者と落札者の間に仲介専門業者が入り、取引の代行を行う第三者寄託サービスです。一般的な例では、落札者はエスクロー会社に代金を支払い、出品者から送付された商品を落札者が受け取ったことが確認された後に、エスクロー会社から出品者へ入金を行います。Yahoo! JAPANでは今後、複数のエスクローサービスを運営する企業との提携を予定しております。各社が提供するエスクローサービスは、支払方法や配送手段などの点でそれぞれ特徴があり「Yahoo!オークション」ユーザーは、さまざまなエスクロー会社のサービスのなかから自由に選択できることになります。

 このエスクローサービスを利用すると、出品者と落札者の間をエスクロー会社が仲介することにより商品の受け渡しや代金の支払いが確実に行われ、高額な商品も安全に取引できるようになります。これまで、自由に個人間取引を行うことのできる「Yahoo!オークション」を悪用した詐欺行為等が一部にあり、ユーザーにご迷惑をかけることがありましたが、同サービスの導入により、今後のトラブルの予防が期待されます。また、この改善に関し警察庁からの安全対策要請や警視庁ハイテク犯罪対策総合センターから、さまざまなご指導をいただいておりますが、Yahoo! JAPANは、今後も引き続き警察関係各機関との連携を通じて、犯罪にかかわる情報の提供やサービスの改善を図り、ハイテク犯罪防止に積極的に協力してまいります。


【Yahoo!オークション】auctions.yahoo.co.jp
無料で出品、入札ができるオークション・サービスで、常時開催オークション数130万点、一日あたりの新規出品数約9万点、平均落札金額が約4億円を超える日本最大のオークション・サービスとして定評をいただいております。今後、認定マーチャント出品を推進することにより、B2C(企業から消費者)オークションの拡充、商品カテゴリの充実、そしてユーザーサービスの向上を図ります。

【株式会社デジタルチェック】www.digitalcheck.co.jp
株式会社デジタルチェックは、EC決済企業であり、全国約3万店舗のコンビニと接続された電子マネー「Cチェック」、VISA・マスター等クレジットカード決済サービス、銀行バーチャル口座接続サービス、携帯電話向け決済サービスなどを手がけ、EC上の物品販売から、デジタルコンテンツ少額決済まで、幅広くサービスを展開し、西濃運輸、福山通運、名鉄運輸等大手物流会社との物流VAN接続により、ECショッピングの決済と物流の総合サービスを提供しております。また、NTTドコモ、KDDI、J-PHONE等携帯電話各社に対し、音声情報コンテンツ、iモードコンテンツ等約50契約の供給を行う屈指の携帯電話コンテンツ供給会社でもあります。

【Yahoo! JAPAN】www.yahoo.co.jp
Yahoo! JAPAN(登録銘柄・コード番号 4689)は1か月あたり約1650万人のユニーク・ユーザー数と、一日1億2700万ページビューのアクセスを誇る総合情報サイトで、ディレクトリ・キーワード検索サービスをはじめ、ニュース速報や天気予報、株価情報、企業情報、スポーツ速報、旅行情報、テレビ番組表、大学受験と資格情報、 地図情報、就職・転職情報、自動車カタログ情報、鉄道や空路の経路情報、不動産物件の賃貸・売買情報、グルメ情報、占い情報、インターネット上での音声・動画配信サービス、コンピュータ関連情報、辞書検索機能、音楽関連情報などの情報提供サービス、ネットワーク型対戦ゲーム、掲示板、パーソナルチャットツール機能、グリーティングカードサービス、ホームページ開設サービス、スケジュール管理などのコミュニテイー・サービス、ショッピング、オークションなどのコマース・サービス、さらにこれらの情報をカスタマイズ編集できるサービス、子ども向け検索サイト、携帯端末向けサービス、チャット等、広範囲にわたるコンテンツを提供しています。
Yahoo!のグローバルネットワークは、アメリカをはじめ、日本、カナダ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、イタリア、イギリス/アイルランド、スウェーデン、スペイン、スペイン語、デンマーク、ドイツ、フランス、ノルウェー、アジア、オーストラリア/ニュージーランド 、韓国 、香港、シンガポール、台湾、中国、中国語、インドの世界24か国と地域、12言語でサービスを提供しています。
※日本リサーチセンターの視聴率調査(JAR Report vol. 20:調査期間 7/17~8/13)をもとに算出。


 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.