Yahoo! JAPAN
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

会社概要 > プレスルーム > プレスリリース
プレスリリース

2000年7月13日
ヤフー株式会社


どこからでもスケジュール管理ができる
「Yahoo!カレンダー」の提供を開始

(「Yahoo!カレンダー」のURL:calendar.yahoo.co.jp

 日本最大のアクセスを誇るウェッブサイトYahoo! JAPAN(本社:東京都港区、社長:井上雅博)は本日、オンライン・カレンダー・サービス「Yahoo!カレンダー」の提供を開始しました。

 「Yahoo!カレンダー」は、インターネットにアクセスできるパソコンさえあれば自宅や会社、インターネットカフェなど、場所を選ばず自分のカレンダーを呼び出してスケジュール管理が可能なサービスです。他のユーザーのカレンダーを確認することができる共有カレンダー機能や、 予定の時間が近づくと携帯電話を含むメール・アドレスにお知らせメールを自動的に送信することができるリマインダー機能などが利用できます。

 ユーザーは、予定の入力や編集、検索、カレンダーの詳細設定を、すべてウェッブ上で行うことができます。また、毎週繰り返す予定なども簡単に管理できるほか、優先順位や期日で管理できる作業リスト、複数のユーザーへ同時に招待状を送る機能、世界の祝祭日をカレンダーに表示する機能なども提供しています。自分のカレンダーを公開することによりパブリックカレンダーURLが発行され、そのURLに他のユーザーがアクセスするだけでスケジュールを共有することも可能です。また、今後提供される各種イベント情報等を自分のカレンダーの中に取り込み表示するタイムガイド機能も備えています。「Yahoo!カレンダー」は個人のスケジュール管理の枠を超えた、グループでのスケジュール管理に便利な機能が完備されています。

 ユーザーは、日・週・月・年表示のカレンダーを使って予定を追加する日を選択し、ウェッブ上で入力、変更を行います。入力された予定は「Yahoo!カレンダー」データベースに保存され、予定を入力したパソコン以外でもインターネットアクセスが可能であればYahoo! JAPAN IDとパスワードを入力することによって簡単に呼び出すことができます。また、ある一定時間を過ぎるとパスワードの再入力を要求する仕組みを採用することで、ユーザーのプライバシーを最大限に確保しています。



【「Yahoo!カレンダー」のURL】calendar.yahoo.co.jp

【Yahoo! JAPAN】www.yahoo.co.jp
Yahoo! JAPAN(登録銘柄・コード番号 4689)は1か月あたり約1500万人のユニーク・ユーザー数と、一日1億100万ページビューのアクセスを誇る総合情報サイトで、ディレクトリ・キーワード検索サービスをはじめ最新ニュースや天気予報、株価情報、企業情報、スポーツ速報、旅行情報、テレビ番組表、大学受験と資格情報、地図情報、就職・転職情報、自動車カタログ情報、コンピュータ関連情報、鉄道や空路の経路情報、不動産物件の賃貸・売買情報、グルメ情報、占い情報、ネットワーク型対戦ゲーム、掲示板サービス、パーソナルチャットツール機能、グリーティングカードサービスやショッピング、オークション、さらにこれらの情報を個人別に編集できるサービス、ホームページ作成サービス、インターネット上での音声・動画配信サービス、子ども専用検索サイト、携帯端末向けサービス、スケジュール管理サービス等、広範囲にわたるコンテンツを提供しています。 Yahoo!のグローバルネットワークは、アメリカをはじめ、日本、カナダ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、イタリア、イギリス/アイルランド、スウェーデン、スペイン、スペイン語、デンマーク、ドイツ、フランス、ノルウェー、アジア、オーストラリア/ニュージーランド 、韓国 、香港、シンガポール、台湾、中国、中国語、インドの世界24か国と地域、12言語でサービスを提供しています。
※日本リサーチセンターの視聴率調査(JAR Report vol. 17:調査期間 4/24~5/21)をもとに算出。


 
プレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレスリリーストップ | 会社概要

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.